発達マップ

発達が気になる子の「子育て・保育・教育」に役立つ情報をお届けします

発達障害

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

投稿日:2020年6月24日 更新日:

子どもの接し方で悩まれている方「子どもがくるくる回るのは自閉症だから?いつからやるもの?止めた方がいいのか、対応方法が知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



くるくる回る行動とは


・くるくる回る原因



くるくる回る行動の問題


くるくる回る行動の対応方法


よく自閉症(スペクトラム)の子に見られることが多い「くるくる回る」。

お子さんがしていたら、「自閉症なの?」と心配になったり、他の子と同じように遊ばない様子も、気になる方も少なくないと思います。

この記事の執筆者の私は、療育指導を11年以上しています。

その経験を元に本記事では、自閉症(スペクトラム)の子のくるくる回る行動の「原因/特徴/介入する目安/対応方法」を、まとめてみました。

参考になれば、幸いです。

自閉症スペクトラムの子供のくるくる回る行動とは

自閉症スペクトラムの子の「くるくる回る」は、常同行動ともいいます。


常同行動とは、『一見意味のない同じ動きを繰り返している』ことをいいます。


例えば、

・ぐるぐる回る
・手をヒラヒラさせる
・物を振り続ける


などになります。どんな行動で出るかは、お子さんによって様々です。

『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版 テキスト改訂版)にも、常同行動の診断の条件が明記されています。

私の方で、下記に、簡単な表現でまとめてみました。



①:3才以下で表れる


②:社会生活で支障出るor自傷がある


③:医学的に説明できない
※薬の副作用や病気の症状など


常同行動自体は、問題ではないのですが、これが社会生活に支障が出る場合は、介入が必要です。

詳しくは、後述しますね。

くるくる回る原因

くるくる回る行動の原因は、3つあります。



①:不安/緊張がある


②:満たされない感覚がある


③:不快感がある


1つずつ見ていきましょう。

①:不安/緊張がある

自閉症スペクトラムの子は、感覚の偏り(過敏)があります。多くの人が気にならない音や人の気配など、強いストレスを感じやすいです。

そういったストレスから、自分を守る/安心感を得るため(回避するため)に、くるくる回るなどの行動をとる場合があります。

②:満たされない感覚がある

こちらも感覚の偏り(鈍さ)のため、満たれない感覚を満たすために、行動する(感覚探求)ことです。

自閉症スペクトラムの子は、「こんなに回って目がまわらないの?」と思うぐらい、頻繁にくるくる回っている子がいます。

これも感覚の鈍さから、人より感覚を欲する特性があるのです。感覚遊びは、お子さんの遊びの中でも、一番土台となる遊びです。

全体的な発達傾向がゆっくりな子は、3才を過ぎても、この感覚遊びを好む傾向にあります。

③:不快感がある

何か不快感を感じているときに、出ることがあります。

例えば、治りかけのかさぶたの痒い、室温が合わない(暑い/寒い)、肌着の素材が合わず気になるなどです。

くるくる回る行動が多い子の特徴

3才以下の知的、発達障害の子が多いです。知的、発達障害の5~15%前後の子に確認されることが多いです。

定型発達の子にも、「くるくる回る」などの常同行動は、ありますが、全体の4%前後で自然に消えていきます。

【合わせて読みたい記事】

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方

くるくる回る行動の問題

くるくる回る行動は、お子さんにとって必要な行動です。基本的には止めずに、尊重することが望ましいです。

ただし、表現の仕方/場面/その子自身、周囲への影響によっては、介入する必要があります。

くるくる回る行動などの常同行動が問題になるときは、大きく3つあります。



①:自分や周囲の人を傷つける


②:子供自身の社会生活に支障が出る


③:周囲の社会生活に支障が出る


1つずつ見ていきましょう。

①:自分や周囲の人を傷つける

自他を傷つける危険行動がある場合は、最優先で介入が必要になります。

くるくる回る行動では、人や壁にぶつかる、外では車や自転車にぶつかりそうになる様子があれば、介入すべきです。

個人的には、すぐ専門機関へ相談することをお勧めします。

②:子供自身の社会生活に支障が出る

園や学校などの集団生活に参加できない、支障がある場合です。

離席するorその場にいるけど話を聞いていなく授業についていけないなどになります。

③:周囲の社会生活に支障が出る

家族や担任、周囲のクラスメイトなど周囲の人が困ってしまう場合です。

自閉症スペクトラムの子は、興味の幅の狭さ/感覚の偏りから、「困る」ということを感じにくい場合があります。

ただ本人が困っていなくても、周りが困っていることも少なくありません。必ず周囲の人の声にも耳を傾けましょう。

【合わせて読みたい記事】

【自閉症スペクトラムの子ども】4つの特徴と7つの接し方

くるくる回る行動の対応方法

くるくる回る常同行動の対応方法は、3つあります。



①:やることを与える(指示)


②:無害な行動へ促す(代替)


③:場所を限定する(条件)


①:やることを与える(指示)

やることがなく、くるくる回っている場合があります。そういうときは、やることを与えましょう。

「このパズルやってみようか」とお子さんの好きなものを通して伝えましょう。

『違う過ごし方をしている方が楽しい(くるくる回るより)』ということを、実感してもらえる関わりが、大切になります。

②:無害な行動へ促す(代替)

問題が出ている場合に、なるべく影響が少ない行動に変えることです。


例えば、くるくる回って、周りの子にぶつかりそうになる場合は、万華鏡を使って、その場で楽しめる形に変えることです。

硬い物を繰り返し投げる子は、柔らかいボールを投げてもらう、机を叩く子は音の出るオモチャを叩いてもらう、など工夫ができます。

③:物/場所を限定する(条件)

くるくる回っても問題ない場所に限定することです。外出時は、事故など危険があるため、家だけに限定するなどです。


事前に家だけでするよう、約束をすることが大切です。そして、外で我慢できた分、家では自由にしてもらいましょう(危険がない限り)。

お子さんによっては、物を限定する方法もあります。


例えば、口に入れて噛み続けるなどです。そういった場合は、噛み続けても問題がない、柔らかい物だけで限定するなどと調整をしましょう。

具体的なオモチャを知りたい方は、自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】をご覧ください。

くるくる回る行動の治療法

行動療法と薬物療法があります。

行動療法は、スキルを身に着け対処したり、周りの人が関わり方を工夫し、お互いの歩み寄りをすることです。

具体的には、さきほどの「くるくる回る行動の対応方法」で解説した内容になります。これを専門家に指導してもらえるのが療育といわれるものです。

療育について詳しく知りたい方は、【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法をご覧ください。

薬物療法は、医療になりますので、小児科や精神科などの医療機関に相談されるのが、良いでしょう。

「【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



【くるくる回る行動とは】
・一見意味のない動きを繰り返す行動
・常同行動という


【くるくる回る原因】
・不安/緊張がある
・満たされない感覚がある
・不快/不満がある


【くるくる回る行動が多い子の傾向】
・3才以下の知的な遅れがある子
・発達障害のある子


【くるくる回る行動の問題】
・自他を傷つけるとき
・自他の生活に支障がでるとき


【くるくる回る行動の対応方法】
・やることを与える
・無害な行動へ促す
・物/場所を限定する

くるくる回る行動の治療法】
・行動療法
・薬物療法


以上になります。

【関連記事】

【発達障害】クレーン現象はいつから?原因、接し方、相談先

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わり

-発達障害

執筆者:


  1. […] くるくる回る原因とは【自閉症スペクトラムの子供の対応方法】 […]

  2. […] くるくる回る原因とは【自閉症スペクトラムの子供の対応方法】 […]

  3. […] くるくる回る原因とは【自閉症スペクトラムの子供の対応方法】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

子どもの発達が心配な方「子どもにクレーン現象が出て、発達障害なのか心配。子どもにクレーン現象があるときの、親としての適切な接し方・やるべきことが知りたい」 このようなお悩みにお答えします。 &#x26 …

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

発達が気になる子の幼稚園選びで、悩まれている方「うちの子に合う幼稚園ってあるの?どう選べばいいの?子どもに合う幼稚園の選び方が知りたい」 このような疑問にお答えします。 ☑本記事の内容 …

【跳べた!の成功体験が鍵】発達性協調運動障害の子の縄跳びの練習方法

縄跳びが苦手な子で悩まれている方「発達性協調運動障害の子が縄跳びが跳べなくて困ってる。どう教えれば跳べるようになるの?効果的な練習方法が知りたい」 このような“発達性協調運動障害の子の縄跳 …

【ADHDの子どもの親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】

ADHDの子どもの親「ADHDの子どものことを本で理解したい。必要な知識や関わり方を学びたい。おすすめの本って何だろう? 」 こういった要望、疑問にお答えします。 ☑本記事の内容 ・AD …

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

子どもが逆さバイバイをして心配な方「逆さバイバイはいつまで続くの?逆さバイバイは治した方がいい?今できることが知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ・逆さバイバ …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2022/01/12

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良いタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/12/16

【療育支援員が解説】すららは発達障害の子に良い?オススメな子の特徴・理由・注意点

2021/12/09

【療育支援員が解説】リタリコワンダーは発達障害の子に合う?オススメな子の特徴・理由・注意点

2021/11/19

【跳べた!の成功体験が鍵】発達性協調運動障害の子の縄跳びの練習方法

2021/11/11

【ピアノは効果あり?】発達性協調運動障害の子への効果とは。注意点も解説

2021/11/05

【習い事でふざける子は発達障害?】5つの理由・対処法・習い事の選び方

2021/10/29

【発達障害の子がサッカーするのは迷惑?】親がしてあげたい2つのこと

2021/10/22

【療育で追いついた?】療育で成果が出るポイント、成功・失敗事例を紹介

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/10/15

【支援学級にいじめはある?】100名以上の子から見える”現状”とは

2021/10/12

【特別支援学級から普通学級】デメリットはある?判断する基準を説明します

2021/10/05

【干すだけで大丈夫?】おねしょ布団の臭い・シミをとる3ステップを紹介

2021/09/22

【母親に依存するのはなぜ?】不登校の子が依存する2つの理由と対処法

2021/09/16

【すぐ泣く子供(小学生)】何が嫌なの?5つの原因と3つの接し方とは

2021/09/13

【ご飯を食べない!】イヤイヤ期でも食べられる!8つの対処法について

2021/09/06

【自閉症に良いって本当?】くるくるチャイムとは。効果的な遊び方を解説

2021/09/02

【怒り爆発!】育児をしない口だけの旦那!今日からできる7つの対処法とは

2021/08/30

【育児しない夫の末路】4つのリスクと対処法について

2021/08/05

【ワンオペ育児】今より楽になる!休日の過ごし方とは。5つの方法を紹介

2021/07/27

【不安が強い子供】今日から始められる!2つの原因と8つの対処法とは

2021/07/21

【子育て】不安がある人が9割!子供を育てる…自信がない時の対処法

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/07/12

【子供の習い事】自信をつけさせる習い事の選び方。3つのポイントと注意点

2021/07/08

【授業参観の感想の例文】たった1つ!書き方のコツとは?注意点もあり

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/28

【療育】掛け持ちはできる?メリット・デメリット・療育の選び方を解説

2021/06/25

【育児ノイローゼの夫(妻)】家庭でできる!4つの原因と対処法とは。

2021/06/24

【テレビばかり見る子供】親のイライラ…!効果的な4つの方法とは

2021/06/23

【物の管理】子供が物をなくすのにイライラ!3つの原因と対処法について

2021/06/18

【集中力は環境作りから!】発達障害の子におすすめな椅子2選!※選ぶ時の注意点あり

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/06/11

【子供の宿題】親のストレスにならない教え方・自分から宿題をするようになる方法

2021/06/09

【子供の心理】しつこい原因は何?「3つの原因」の対処法を説明します

2021/06/04

【発達性協調運動障害】運動が苦手な子どもに合う習い事とは。選ぶポイントも説明します

2021/06/02

【不登校】兄弟が受けやすい3つの影響とは。対策、逆効果な接し方も説明します

2021/05/31

【中学生の進路】勉強できない子の将来はどうなる?3つの進路と対策とは

2021/05/11

【障害児の学級選び】普通学級は親のエゴ?子どもに合った学級選びとは

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/05/02

【子供の偏食】食わず嫌いとは違う!原因別に10個の対処法を説明します

2021/03/19

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/02/08

【ママパパ必見】子どもに見せたい教育映画!おすすめ10選!

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例/注意点も解説

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/28

【癇癪持ちの夫】我慢は解決方法ではない!4つの原因と妻の接し方とは

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/30

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/11/20

【リベルタサッカースクール】入会~退会/料金/内容について解説します!

2020/11/09

【グレーゾーンの子供に合う習い事はある?】3つのポイント/注意点

2020/07/29

【幼稚園のトラブル】子どもの他害とは。4つの原因と対処法を解説します

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/07/02

【落ちた人も多い?】特別児童扶養手当とは。金額/条件/申込方法を解説

2020/06/24

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/17

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

2020/06/15

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選19選】

2020/05/28

自閉症を描くオススメ映画17選【感動邦画~アクション洋画まで!】

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/18

【支援者が選ぶ厳選5冊】自閉症スペクトラムの子の親に読んでほしい本

2020/05/05

【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの漫画【厳選3冊】

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【ADHDの子ども向けサッカースクール】選び方を解説!発達障害の子は、リベルタサッカースクールがおすすめ!

2020/04/27

ADHDの子供にオススメ!4つの絵カード【家でできる活用法も解説】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【ADHDの子どもの親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】

2020/03/27

【受給者証のデメリット】3つの注意点・メリット・申請方法を解説します

2022/01/20

【療育指導員が解説】チャレンジタッチは発達障害の子に良い?効果が出やすい子の特徴・注意点とは

2022/01/07

【相談支援員が解説】不登校でもスマイルゼミで出席扱いになる!7つの条件とは

2022/01/03

【療育支援員が解説】スマイルゼミは発達障害の子に合う?効果が出る子の特徴・理由・注意点