自閉症スペクトラム

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

投稿日:2020年6月24日 更新日:

くるくる回る子供の対応方法を知りたい方「他の子供と同じように遊ばなくて心配。子供がくるくる回るのは止めた方がいい?対応方法を知りたい」

このようなお困り、疑問にお答えします。

✓本記事の内容

  • 自閉症スペクトラムの子供のくるくる回る行動とは


  • くるくる回る原因


  • くるくる回る行動はどんな子に多い?


  • くるくる回る行動は、どんなときに問題になる?


  • くるくる回る行動の対応方法


  • くるくる回る行動の治療法


  • くるくる回る行動の相談先

自閉症スペクトラムの子供は、なぜ「くるくる回る」のでしょうか?

親からみると、何が楽しいか分からないですし、他の子と同じように遊ばない様子も気になると思います。

本記事では、自閉症スペクトラムの子供の気になる行動を、原因/特徴/介入する目安/対応方法/治療法/相談先など、関連する情報について解説しています。

この記事の執筆者の私は、療育指導員を10年ほどしています。

今まで、1,000名以上の発達障害の子供とその親を支援をしてきました。

支援をする中で、自閉症スペクトラムの子供の親から、「くるくる回る」について、よく相談を頂くことがありました。

子供の「くるくる回る」について、疑問や不安をお持ちの方にとって、役に立つ情報を発信できればと思い、今回の記事を執筆しました。

子供の行動には、必ず意味があります。

その意味を理解することで、正しい対応の仕方が見えてきます。

この記事を通して、知って頂ければ幸いです。

今回は、「くるくる回る原因とは【自閉症スペクトラムの子供の対応方法】」について解説していきたいと思います。

自閉症スペクトラムについては、


自閉症スペクトラムの子供の症状とは?【4つの特徴と7つの接し方】

をご覧ください。

自閉症スペクトラムの子供のくるくる回る行動とは

自閉症スペクトラムの子供の「くるくる回る」は、常同行動ともいいます。


周りから見ると、

「一見意味のない同じ動きを繰り返している」ことをいいます。


例えば、

  • ぐるぐる回る
  • 手をヒラヒラさせる
  • 物を振り続ける

などです。

どんな行動で出るかは、子供によって様々です。

『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版 テキスト改訂版)にも、常同行動の診断の条件が明記されています。

私の方で、下記に、簡単な表現でまとめてみました。

一見、意味のない反復行動が、

  • 1:3才以下で表れる

  • 2:社会生活で支障出るor自傷がある

  • 3:医学的に説明できない
    (薬の副作用や病気の症状など)

常同行動自体は、問題ではないのですが、

これが社会生活に支障が出る場合は、介入が必要です。

詳しくは後述します。

くるくる回る原因

くるくる回る行動の原因は、3つあります。

  • その①:不安/緊張がある

  • その②:満たされない感覚がある

  • その③:不快感がある

1つずつ見ていきましょう。

その①:不安/緊張がある

自閉症スペクトラムの子供は、感覚の偏り(過敏)があります。

多くの人が気にならない音や人の気配など、強いストレスを感じやすいです。

そういったストレスから、自分を守る/安心感を得るために、くるくる回るなどの行動をとる場合があります。

その②:満たされない感覚がある

こちらも感覚の偏り(鈍さ)のため、満たれない感覚を満たすために、行動する(感覚探求)ことです。

自閉症スペクトラムの子供は、「こんなに回って目がまわらないの?」と思うぐらい、頻繁にくるくる回っている子供がいます。

これも感覚の鈍さから、人より感覚を欲する特性があるのです。

感覚遊びは、子供の遊びの中でも、一番土台となる遊びです。

全体的な発達傾向がゆっくりな子供は、3才を過ぎても、この感覚遊びを好む傾向にあります。

自閉症スペクトラムの子供の遊びについては、

自閉症スペクトラムの子供の遊び方とは【成長に繋げる4つの遊び方を解説!】

をご覧ください。

その③:不快感がある

何か不快感を感じているときに、出ることがあります。

例えば、

治りかけのかさぶたの痒い、室温が合わない(暑い/寒い)、肌着の素材が合わず気になる

などです。

くるくる回る行動はどんな子に多い?

3才以下の知的、発達障害の子供が多いです。

知的、発達障害の5~15%前後の子供に確認されることが多いです。

定型発達の子供にも、「くるくる回る」などの常同行動は、ありますが、

全体の4%前後で自然に消えていきます。

くるくる回る行動は、どんなときに問題になる?

くるくる回る行動は、子供にとって必要な行動です。

基本的には止めずに、尊重することが望ましいです。

ただし、表現の仕方/場面/子供自身、周囲への影響によっては、介入する必要があります。

くるくる回る行動などの常同行動が問題になるときは、

大きく3つあります。

  • その①:自分や周囲の人を傷つける

  • その②:子供自身の社会生活に支障が出る

  • その③:周囲の社会生活に支障が出る

1つずつ見ていきましょう。

その①:自分や周囲の人を傷つける

自他を傷つける危険行動がある場合は、最優先で介入が必要です。

くるくる回る行動では、人や壁にぶつかる、外では車や自転車にぶつかりそうになる様子があれば、介入すべきです。

個人的には、すぐ専門機関へ相談することをオススメします。

その②:子供自身の社会生活に支障が出る

園や学校などの集団生活に参加できない、支障がある場合です。


離席するorその場にいるけど話を聞いていないなどです。

その③:周囲の社会生活に支障が出る

家族や担任、周囲のクラスメイトなど周囲の人が困っている場合です。

自閉症スペクトラムの子供は、興味の幅の狭さ/感覚の偏りから、「困る」ということを感じにくい場合があります。

ただ本人が困っていなくても、周りが困っていることも少なくありません。

必ず周囲の人の声にも耳を傾けましょう。

くるくる回る行動の対応方法

くるくる回る常同行動の対応方法は3つあります。

  • その①:やることを与える(指示)

  • その②:無害な行動へ促す(代替)

  • その③:場所を限定する(条件)

その①:やることを与える(指示)

やることがなく、くるくる回っている場合があります。

そういうときは、やることを与えましょう。

「このパズルやってみようか」と子供の好きなものを通して伝えましょう。

その②:無害な行動へ促す(代替)

問題が出ている場合に、なるべく影響を下げる行動に変えることです。


例えば、

くるくる回って、周りの子にぶつかりそうになる場合は、

万華鏡を使って、その場で楽しめる形に変えることです。

硬い物を繰り返し投げる子は、

ボールを投げてもらう、机を叩く子は音の出るオモチャを叩いてもらう、など工夫ができます。

その③:物/場所を限定する(条件)

くるくる回ってよい行動をして良い場所を限定することです。

外出時は、事故など危険があるため、家だけに限定するなどです。


事前に家だけでするよう、約束をすることが大切です。

そして、外で我慢できた分、家では自由にしてもらいましょう(危険がない限り)。

子供の行動によっては、物を限定する方法もあります。


例えば、

口に入れて噛み続けるなどです。

そういった場合は、噛み続けても問題がない、柔らかい物だけで限定するなどと調整をしましょう。

使えるオモチャも紹介しているので、参考にご覧ください。

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

くるくる回る行動の治療法

行動療法と薬物療法があります。

行動療法は、スキルを身に着け対処したり、周りの人が関わり方を工夫し、お互いの歩み寄りをすることです。

具体的には、さきほどの「くるくる回る行動の対応方法」で解説した内容になります。

これができるのが、療育といわれるものです。


療育の詳細は、

ADHDの子供の療育とは【種類・費用・通所受給者証のメリット/デメリットを解説】

をご覧ください。


ADHDと記載ありますが、自閉症スペクトラム含めた、発達障害の子供に共通する内容になりますので、ご安心ください。

薬物療法は、薬を服薬し、一時的に自傷/危険行為、常同行動を軽減する方法です。

行動療法では対処できず、子供や周囲の人の安全/衛生面に著しく悪影響がある場合になります。

薬物療法で落ち着いてきたら、行動療法に移行していく方法が一般的です。


詳細は、

自閉症スペクトラムの子供の薬とは?【種類/効果/副作用を解説します】

をご覧ください。

くるくる回る行動の相談先

ここまでの内容を実践されても、むずかしい方は、

相談窓口へ連絡し、専門家へ相談することをオススメします。

窓口はかなり混み合っていて、予約をとるのに数ヶ月かかる方も多いですが、

専門家の意見は貴重です。

ご自身での情報収集と並行して、客観的な意見を聞ける機会作りを進めていきましょう。

3つの相談窓口を紹介します。

  • その①:子育て支援センター

  • その②:保健センター

  • その③:発達障害者支援センター

それぞれの相談窓口の詳細と相談方法は、

自閉症スペクトラムの子供の相談先とは【種類/方法/注意点を解説】

をご覧ください。

どこの窓口も子供の発達相談はできますが、それぞれ特徴があります。

各施設の特徴もふまえた上で連絡できると、相談以外でも活用ができます。

合わせて確認してみてください。


相談に行かれるときの持ち物も参考程度にご覧ください。

もちもの

  • 困りをまとめたメモ

  • 母子手帳

  • 通知表or連絡帳
    (先生の評価がわかるもの)

  • 検査結果
    (受けていれば。1年以内の結果がベストです)

  • 子供の動画
    (暴言/暴力など激しい行動がある場合)

質の高い情報を伝えられれば、その分助言の精度も上がります。

私が支援をしていて一番困るときは、情報の質が低いときです。

「○○思う」という感覚ではなく、事実を伝えられると、専門家からの助言が、実態に合った内容になり、情報の質が上がります。

また限られた時間の中ですので、要点は事前にまとめておき、助言をもらえる時間の確保に努めましょう。

これができないと、ヒアリング中心の時間となり、「結局何すればいいの?」となりますので注意しましょう。

まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 自閉症スペクトラムの子供のくるくる回る行動とは
    【一見意味のない同じ動きを繰り返す常同行動】


  • くるくる回る原因
    【①不安/緊張がある ②満たされない感覚がある ③不快/不満がある】


  • くるくる回る行動はどんな子に多い?
    【3才以下の知的/発達障害の子ども】


  • くるくる回る行動は、どんなときに問題になる?
    【①自他を傷つけるとき ②自他の生活に支障がでるとき】


  • くるくる回る行動の対応方法
    【①やることを与える ②無害な行動へ促す ③物/場所を限定する】

  • くるくる回る行動の治療法
    【①行動療法 ②薬物療法】

  • くるくる回る行動の相談先
    【①子育て支援センター ②保健センター ③発達障害者支援センター】

以上になります。

自閉症スペクトラムの子供の行動の原因(意味)を把握し、必要な関わりや調整をしていきましょう。


最後に関連記事を貼っておきます。

気になる情報があれば、参考にして頂ければ幸いです。


関連記事

自閉症スペクトラムの子供の特徴/診断基準とは【チェックリスト付き】


関連記事

自閉症スペクトラムの子供のクレーン現象とは【必要な3つの接し方】定型発達にも見られるのか


関連記事

自閉症スペクトラムの子供の親が読むべき本【プロが選ぶ厳選5冊】

-自閉症スペクトラム

執筆者:


  1. […] くるくる回る原因とは【自閉症スペクトラムの子供の対応方法】 […]

  2. […] くるくる回る原因とは【自閉症スペクトラムの子供の対応方法】 […]

  3. […] くるくる回る原因とは【自閉症スペクトラムの子供の対応方法】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

不登校の子供で悩まれている方「不登校の子供へ何をしてあげればいいか分からない。この先、不登校になりそうで不安。不登校になったときの親の接し方を知りたい」 こういったお悩みにお答えします。 ✓本記事の内 …

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

子供の発達が心配な方「自閉症スペクトラムの子供向けの支援が受けられる施設って何があるの?それぞれのメリット、デメリットや子供に合った施設の情報が知りたい」 こういった疑問/ご要望にお答えします。 ✓本 …

睡眠障害とは?自閉症スペクトラムの子供 半数が悩みあり【家庭での対処法を解説します】

子供の睡眠に悩まれている方「子供の寝付きが悪い。子供の夜泣きで家族みんな寝不足。親として今できることを知りたい」 このようなお困りにお答えします。 ✓本記事の内容 睡眠障害とは子供の睡眠が大切な理由子 …

自閉症スペクトラムの子供への障害告知とは【例文/注意点あり】

子供に障害をどう伝えるか悩まれている方「障害について子供本人にどう伝えるべきか。子供本人もそろそろ気付き出すかも・・。前向きに受け止められる伝え方が知りたい」 このようなお悩みにお答えします。 ✓本記 …

自閉症スペクトラムの子供の宇宙語って?【発語までの5ステップを解説】

自閉症スペクトラムの子供の言葉の遅れで悩まれている方「宇宙語って何?どう関われば発語になる?子供が将来困らないために、必要なサポートを知りたい」 こういった疑問、お困りにお答えします。 ✓本記事の内容 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?

2021/02/18

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選