学級・進路

【普通学級に通った】軽度知的障害の子の5つのパターン~2つの困るポイント~

投稿日:

子どもの学級で悩まれてる方「軽度知的障害の子に普通学級は合わない?普通学級に行ったらどうなる?どの学級が良いのか分からない」

このようなお悩みに、お応えします。

本記事の内容



✅軽度知的障害の子⇨普通学級へ
 「5つのパターン(事例)」~よくある2つの困り~

軽度知的障害の子の
 「学級選びのポイント」


✅普通学級を検討する軽度知的障害の子が
 「準備しておきたいこと


軽度知的障害の子は、ある程度のコミュニケーションもとれ、日常生活を送ることはできる場合が多いです。

そのため、学級選びで悩まれてる親御さんが多いです。

実際に、普通学級に通う子もいれば、支援学級に通う子もいたり、お子さんの特性、ご家庭の考え、学校の状況によっても、判断が変わっています。

そこで本記事では『軽度知的障害の子が普通学級に通った事例(5つケース)』をお伝えしたいと思います。

私は、療育・相談支援を10年以上しており、学級に関する相談支援で多くのお子さん、親御さんの支援に携わってきました。

私が現場で支援する中で、個人的に感じた点を中心にまとめています。参考程度にご覧いただけますと幸いです。

軽度知的障害の子⇨普通学級へ「5つのパターン(事例)」~よくある2つの困り~

軽度知的障害の子⇨普通学級へ「5つのパターン(事例)」を紹介します。

そして、①②に関しては、軽度知的障害の子が普通学級で困ることが多いポイントにもなります。



①:「学習面」の遅れ
 (小3~4年頃が多い)

②:「周囲とのやりとり」の難しさ
 (思春期の子に多い・周囲との違いに気付く)

③:「大きな問題なく」過ごせる
 (些細なつまづきはある)

④:支援学級へ「転籍する」
 (主に①②が理由で)

⑤:「不登校」になる
(主に①②が理由で)


①:「学習面」の遅れ(小3~4年頃が多い)

小学校3~4年生は、学習の難易度が上がり、学習面の困りが最も出やすい時期になります。

特に、知的障害、学習障害(傾向)のお子さんは、躓くことが多いタイミングになります。

小学校1~2年生は、学習も単純で、量をこなせば、ある程度パターン学習で乗り切れますが、小学校中学年になると、複雑になり、パターンで覚えるのには限界がきます。

パターンで覚えられても、

「問題がちょっと変わると解けなくなる」
「次の日になると忘れてる」


など、学習の定着が困難なことが多いです。

お子さんによっては、勉強を嫌がったり、授業が嫌で学校への行きしぶりが出る子もいます。

②:「周囲とのやりとり」の難しさ(思春期の子に多い・周囲との違いに気付く)

軽度知的障害の子は、おおまかな会話はできます。

ただ、暗黙の了解、言葉の裏側を意味を捉える、などが苦手です。

言葉通りに捉えたり、細かいやりとりが難しい場合があります。

小学校低学年は、そこまで問題になることは少ないですが、小学校高学年以降の思春期に入ると、周りから仲間外れにされたり、本人が周りとの違いに気付いて、自己肯定感が下がったりと、問題が表面化することが多いです。

特に、女の子の場合、陰湿な嫌がらせ、仲間はずれなどがあります。表面上は、仲良くしてるようで、実際は、良いようにされてることもあり、本人は言葉通りに受け取り気付いていない為、仲良く遊んでると思ってる、などもあります。

知らず知らずして、本人が気付いていない所で、周りから良いようにされていることもがあります。

もちろん、中には、優しくしてくれ、本当に仲が良い友だちがいる子もいます。大切なのは、自分で本当の意味で仲がよく慣れる子を見極めることです。

言葉の細かいニュアンスなどをキャッチしづらい軽度知的障害の子には、難しいことが多いとも言えます。

③:「大きな問題なく」過ごせる(些細なつまづきはある)

勉強は苦手、友達ともやりとりの小さいすれ違いはあるものの、生活全般楽しく過ごせている場合になります。

お子さんが、全然気にしないタイプ、親御さんが、本人の特性として捉えられているケースが多いです。

・テストの点数が低い
・授業で分からないことが多い
・他の子より苦手なことが多い

これらを、本人や親御さんがどう捉えてるかによって変わってきます。

また、普通学級でうまくいってる子に共通しているのは、”周囲の理解” になります。

担任が配慮してくれたり、周りの子が手伝ってくれたりする環境ですと、大きな問題なく過ごせているケースが多いです。

例えば、このような配慮や協力があります。

・宿題の量の調整
・怒る指摘などしない
・個別で適宜声かけする
・周りの子が手伝ってくれる
・周りの子が本人のキャラクターとして捉えてる

あと、本人の人柄が周囲の味方につけ、助けてもらいやすい環境になってることも多いです。

人柄は、本人の “良さ” なので、今後も生きる上で、強みとも言えます。

④:支援学級へ「転籍する」(主に①②が理由で)

“授業についていけない” 、”クラスメイトとのやりとりの難しさ” が主な理由で、支援学級に転籍をします。

支援学級は、原則8名以下の少人数をクラスになります。

担任によっても大きく変わりますが、過ごしやすくなった子も多いです。

支援学級については、注意点がありますので、詳しく知りたい方はご覧ください。

【普通学級・支援学級の違い】内容、選ぶ基準、メリット/デメリット

⑤:「不登校」になる(主に①②が理由で)

“授業が嫌” 、”クラスメイトとの関係性” が主な理由になります。

不登校でもう1つ多い理由があり、それは担任の先生になります。

「一人だけ特別扱いはできません」と、本人に無理を強いているパターンになります。

また、本人が注意や指摘を受けることが多いことで、先生が嫌になり、不登校になるケースもあります。


【関連記事】

【不登校になる子とならない子の違い】6つの特徴と対策~親が持ちたい5つの視点~

軽度知的障害の子の「学級選びのポイント」

軽度知的障害の子の「学級選びのポイント」は3つあります。

軽度知的障害に関わらず、特性ある子にとって、共通する視点にもなります。

・本人の気持ち
(必要性・納得感)

・本人の過ごしやすさ
(客観的な)

・学校側(担任/SC)の意見
 ※SC=スクールカウンセラー

学級を転籍する場合は、新しい学級に行く理由(必要)や本人が納得できていることが大切になります。

また、客観的に見て本人がどの学級が過ごしやすいのか、判断することも大切になります。

療育など支援先で本人をよく知っている先生の意見も大切になります。本人の特性を考慮したときに、周りの配慮・環境でできる範囲のことなのか、の視点で意見が聞けると安心です。

最後は、学校側の意見になります。学校の先生は、学級の状況を一番把握されている為、できること・できないことなどが分かります。

本人に必要な配慮や環境があった時に、それがその学校の学級で可能なのか判断ができます。

本人の特性という観点では、療育の先生が良いですが、過ごす環境においては、学校の先生の意見も有力になります。

もしそれでも判断に迷われる場合は、その学級でできること・できないことを聞き、療育の先生に相談するのも1つです。

「◯◯の環境ならできそう」「◯◯の環境だと厳しいかも」と意見がもらえやすくなります。

最終的な判断は、親御さんの判断になりますが、ある程度の判断材料はあった方が安心です。

学級選びについては、こちらの記事でもう少し詳しくまとめていますので、参考にご覧ください。


【関連記事】

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~


普通学級を検討する軽度知的障害の子が「準備しておきたいこと

普通学級を検討する軽度知的障害の子が「準備しておきたいこと」をお伝えします。

普通学級を検討するということは、進学先・将来の選択肢を考えられてのことだと思います。

進学、将来の選択肢を狭めたくないと考えると、学習面のフォローは必須になってきます。

特に、軽度知的障害の子は、他の子より、学習方法を工夫したり、定着までに時間がかかることが多いです。

特性がある子に中には、記憶自体が苦手だったり、問題が少し変わると解けなくなったり、学習の苦手意識から、勉強に取り組むまでが、そもそも大変…など様々な困りごとがあります。

早い段階での、学習面のフォローが必要になります。

そして、学習の遅れもそうですが、それ以上に、失敗体験の積み重ね(勉強の拒否感に繋がる)を避けることが重要です。

失敗体験が増えすぎると、自己肯定感が下がり、学習拒否が始まり、家庭内での介入が難しくなります。学習の拒否感が強いと、支援があっても、成果が出るには時間、エネルギー、費用がかかります。

学習の拒否感が強く出てる子には、まず学習の小さな成功体験を作り、拒否感を減らす段階から始める必要があります。学力を上げる学習に入るまでの準備時間が必要になります。

『拒否感がある状態での学習』と『通常の学習』とでは、

必要な労力・エネルギーが、違ってきますす。

同じ学習時間なら、効果が高い方が良いですよね。学習フォローを始める効果的なタイミングは、失敗体験を積む前になります。

失敗体験を避け、学習の成功体験を1つ1つ自信に変えながら、学ぶ意欲を高めることが、長期的に見て最も成果が出やすくなります。

学習対策は「タブレット学習」

特性ある子の学習にとって、タブレット学習が良い理由は、大きく5つあります。

・自分のペースで進められる
(在籍校の進度に合わせられる)

・人に教わらない
(教わるのが嫌な子向け)

・特性に合う学び方
(ex.アニメーション/音声解説)

・ゲーム要素がある学習
(苦手意識がある子向け)

・一人ひとりの学習課題の分析
(AIで本人のレベルに合う課題の抽出)

特性ある子が、学習を継続でき、成果が出しやすい要素がいくつもあります。

授業の予習・復習など、お子さんの学習状況によって使い分けられると、心強い学習サポートになってくれます。

タブレット学習の、その他のメリット・デメリットなど詳しい情報は、下の記事をご覧ください。

発達障害をテーマにしていますが、軽度知的障害の子にも、共通する内容になっています。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良い タブレット学習

「【普通学級に通った】軽度知的障害の子の5つのパターン~2つの困るポイント~」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



✅軽度知的障害の子⇨普通学級へ
 「5つのパターン(事例)」~よくある2つの困り~
・学習面の遅れ
 (小3~4年頃が多い)
・周囲とのやりとりの難しさ
 (思春期に多い・周囲との違いに気付く)
・大きな問題なく過ごせる
・支援学級へ転籍する
・不登校になる


✅軽度知的障害の子の
 「学級選びのポイント」
・本人の気持ち(必要性・納得感)
・客観的に見た “本人の過ごしやすさ”
・学校、専門家の意見

普通学級を検討する軽度知的障害の子が
 「準備しておきたいこと
・学習の失敗体験の予防
・本人に合う学習方法の把握
・タブレット学習


以上になります。

本記事がお役に立てば、幸いです。

【関連記事】

【小学校で支援学級を勧められた時】学級選びの3つのポイント・事例紹介

-学級・進路

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

学級選びで悩まれてる方「発達障害の子は、普通学級でも平気?通級や支援級じゃないとダメ?他の人がどうしてるのか、事例が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x …

【事例】就学相談でショックを受けた。就学後どうなった?~5つのパターン~

就学相談でショックを受けてる方「就学相談で、通級or支援学級を勧められてショックを受けてる。勧められた人は、就学相談後どうしてる?他の子が学校でどう過ごしてるか知りたい」 このようなお悩みに、お応えし …

【同じ支援学級でも違う?】情緒学級・知的学級の3つの違い、3つの注意点

支援学級について知りたい方「情緒学級、知的学級は何が違うの?それぞれの特徴、注意点が知りたい」 このようなお悩みにお応えします。 ☑本記事の内容 ✅「情緒学級」と「知的学級 …

【特別支援学級から普通高校に行くには何が必要?】5つのポイント・注意点とは

子どもの進学で悩まれてる方「特別支援学級から普通高校に行く子はいるの?何ができれば行けるの?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅特別支援学級⇨普通高校 …

【一斉指示が通らない】普通級でできる6つの対策~指示通りを良くするポイント~

普通級の子の学校生活が心配な方「うちの子、一斉指示が分かってなさそう。周りより何テンポか遅れていて、この先ついていけるか心配。指示通りが良くなる方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 & …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/16

【発達障害の子におすすめ】感覚遊び19選~遊ぶ時に大切な3つのポイント~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/16

【療育支援員が紹介】ADHDの子におすすめクッション5選!効果的な使い方も解説

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2023/02/16

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/24

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選~遊ぶ時の3つのポイント~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2023/09/05

【発達相談員が紹介】言葉の発達を促す遊び21選!言葉を増やす3つのポイント

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【発達障害の子向け】おすすめゲーム7選~自閉症、ADHDの子が楽しく学べる~