家での関わり方/その他

【字を書くのが嫌いな子】4つの理由・対策~予防しておきたい注意点~

投稿日:2024年2月16日 更新日:

字を書くのが嫌いな子で悩まれてる方「字を書くのが、何でこんなに嫌いなの?親としてどう関わればいい?今後の子どもの学習が心配」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



✅字を書くのが嫌いな
 「4つの理由」

✅字を書ける様になる為の
 「4つの対策」

✅字を書くのが嫌いな子
 「予防すべき注意点・対策」

状況が進展しない時に
 「必要になること」


お子さんが中学生になると、進路や受験など、学習・宿題は重要になってきます。

それに伴い、お子さんが宿題をしないことに悩まれてる方も、少なくないと思います。

特に発達障害のお子さんの場合、様々な理由で宿題をすることが難しくなります。

“宿題をしない理由” によって、対応方法は変わる為、ご家庭での対策が難しいことも多いです。

そこで本記事では、

「発達障害の中学生の宿題」に関する情報を紹介したいと思います。

記事の執筆者の私は、お子さんの療育/学習支援を10年以上しています。

その支援経験を元に、本記事をまとめています。

参考になれば幸いです。

字を書くのが嫌いな「4つの理由」

字を書くのが嫌いな「4つの理由」をお伝えします。



①:本人の「特性」
 (学習障害などの発達障害)

②:手先の「不器用さ」
(力加減、指先・手首・肘などの使い方)

③:目の「見え方」
 (違う見え方で映ってる)

④:「負の経験」が多い
 (叱責・指摘)


①:本人の「特性」(学習障害などの発達障害)

お子さん自身に、”宿題する理由” がない場合になります。

親御さんからしたら「宿題はやるものでしょ。皆やってるんだから、理由も何もないでしょ」と思われるかもしれません。

ただ、お子さんの特性によっては、自分にとっても意味(メリット)が明確でないと、行動に移しづらい場合があります。

「皆がやってるから」
「学校でやると決まってるから」

など、お子さんにとって曖昧な理由ですと、宿題をする理由には繋がりづらいです。

②:手先の「不器用さ」(力加減、指先・手首・肘などの使い方)

学習への苦手意識があり、拒否してる状態になります。

完全に拒否してる子もいれば、苦手な科目の時だけ、拒否する子もいます。

個人差がありますが、共通して多いのは、学習の…

・”成功体験” が少ない
・”失敗体験” が多い

のいずれか、もしくは両方になります。

③:目の「見え方」(違う見え方で映ってる)

学習の困難さ(ex.読み・書き)がある場合です。

著しい困難さがある場合は、学習障害(LD)の診断を受ける子もいます。

お子さんは、一生懸命取り組んでるのに、定着が難しく、本人が自信を失ってる場合が多いです。

④:「負の経験」が多い(叱責・指摘)

字を書くことでの失敗体験が多いことです。

字を書くことで怒られたり、何度も書き直しをさせられるなどになります。

この負の経験が多ければ多い程、苦手意識は強まり「字を書きたがらない」「適当に書いて早めに済ませる」などの行動が増えやすくなります。

結果的に、字を書くことが難しくなっていきます。

✅板書が苦手な場合

板書に時間がかかる、疲労感が大きいなどの様子がある場合は、目と手の協調運動が苦手な場合もあります。

この場合は、次でお伝えする “療育” の必要性が高くなります。

字を書ける様になる為の「4つの対策」

字を書ける様になる為の「4つの対策」をお伝えします。



①:「療育」を受ける
 (理由①:本人の特性)

②:「手先を使う機会」を作る
 (理由②:手先の不器用さ)

③:「医療機関」に相談する
 (理由③:目の見え方)

④:字を書いた時の「成功体験」を作る
 (理由④:負の経験が多い)




①:「療育」を受ける(理由①:本人の特性)

本人の特性を把握し、特性に合わせた支援を受けます。

本人が楽しく、負担が少なく書けるような支援を受けられます。

注意点は、本人が嫌がっていると、ただの苦痛になってしまうので、

本人の興味関心に繋げて書く要素を組み合わせたり、本人に合わせたハードルの調整が大切になってきます。

具体的な療育は、本記事の後半にお伝えしますが「そもそも療育を受けるほど?」と感じてる方は、こちらの記事をご覧ください。

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

私は、本人が困りを感じていたら療育は必要だと思っていますが、その理由をもう少し詳しくお伝えしています。

②:「手先を使う機会」を作る(理由②:手先の不器用さ)

本人が好きなコトの中で、手先を使う機会を作ります。

例えば、ポケモンが好きな子でしたら「オリジナルのポケモン図鑑を作ろう!」と言って、ポケモンの画像を切り抜きノートに貼り、その下に名前や必殺技を書きます。

本人としては「ポケモン図鑑を作る」が目的なので「字を書く練習をしてる」とは思いません

ポケモン図鑑を作る過程に「字を書く」が入っています。

このように「字を書く」がお子さんの興味のあることの1部に入っている活動がお勧めになります。

ただただ字を書く練習をするのは、字を書くのが苦手な子にとって、辛い時間になりやすいです。

③:「医療機関」に相談する(理由③:目の見え方)

目の見え方に問題がある場合が、最寄の病院に相談が良いです。

検査が必要な場合は、大きな病院を紹介してもらえます。

字を書くのが苦手な子の中には、目の見え方に偏りがあり、疲れやすい子も少なくありません。

④:字を書いた時の「成功体験」を作る(理由④:負の経験が多い)

字を書くのが苦手な子の多くは、字を書きたがりません。字を書いても上手くいかないことを知っている為です。



もしくは、字を書いても、注意をされる、何度も書き直しをされると思っている為です。

そのため、字を書いた時の成功体験が必要になります。

枠からはみ出ても、字が乱れていても「最後まで書けたね」「漢字5文字書けたじゃん!すごい!」など、字を書いたことで、本人が喜ぶ関わりをします。

「次も頑張って書いてみよう!」と本人が思えるような成功体験(褒められる経験)が必要になります。

字を書くのが嫌いな子「予防すべき注意点・対策」

字を書くのが嫌いな子「予防すべき注意点・対策」をお伝えします。

本記事の内容を、ご家庭で十分に実践したにも関わらず、宿題が難しい場合は、1つの方法として、タブレット学習をお勧めします。

理由は、人に教わる形ではない為です。

本人の気持ちとして、家庭教室や塾を望むなら、そこを尊重しても大丈夫です。

大切なのは「本人が納得してる方法・環境を用意する」ことです。

家庭教師や塾をやっても、本人が納得していなければ、形だけになります。

人に教わるのが嫌(指摘されるのが嫌・人の好みが激しい)、わざわざ移動するのが嫌など、色んな理由があります。

その理由が、モチベーションを下げて、学習の成果も落とします。

行ってるだけで、結果が見えない。数カ月後に成果なかった…という子も多いです。

それなら、本人の負担感が少なく、納得しやすく、成果を適宜確認(大人が)できる方法が良いと思います

✅学習対策は「タブレット学習」

人を介さないタブレット学習ですと、自分で触って自分の意思で選ぶことができます。

そして、今のタブレット学習は、発達障害の特性を想定して、楽しい・分かりやすい・飽きさせない工夫が組み込まれています。

最初は、軽い気持ちで触っても、次第に分かってきて、進むのが実感できると、

自分から取り組むようになり、結果として、宿題するハードルが下がりやすくなります。

また、教科書・参考書などの文面での “想像理解” が難しい子にも、

アニメーション・動画など、発達障害の子が “理解・想像しやすい学び方” が豊富にあります。

宿題はもちろん、ドリル・プリント学習に苦手意識がある子にもお勧めになります。

“分かる” という実感は、学習をする行動に繋がります。小さな “分かる” を積み重ね、宿題や学習に繋げられると、安心です。

メリット、デメリットなど、詳細を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良い タブレット学習

1つの学習サポートの方法として、参考になれば幸いです。

状況が進展しない時に「必要になること」

ここでは、状況が進展しない時に「必要になること」をお伝えしたいと思います。

字を書くのが苦手だと、授業中の板書、連絡帳への記載、宿題、勉強全般、様々な場面で困り事になります。

自宅で試行錯誤されても、なかなか状況に進展が見られないご家庭には、大切になることが4つあります。

・子どもの特性/対処法の把握
・本人に合う学習方法の把握
・親の関わり方を学ぶ
・支援の必要性の有無の確認

お子さんの特性が把握できると、今の学習方法が合っているのか、そもそも本人に求めるレベルなのか…など、客観的に判断ができます。

また本人の特性に合わせた学習方法が分かると、必要な関わり方、配慮などが見えてきます。

お子さんによっては、支援の必要性が出てくることもある為、発達支援の専門の先生から、客観的な意見がもらえると、今後の参考になります。

字を書くのが苦手ですと、授業が苦痛になり、行き渋りが出てきます。お子さんによっては、不登校になったり、将来の選択肢が狭まる子もいます。

問題が大きくなる前に、できる対策は打っておきたい所になります。

いずれにしても、お子さんの特性を把握する所から、全てが始まるため、

これまで検査を受けていなかったり、専門家から具体的なアドバイスをもらった経験がない方は、お子さんの現状把握を始める所からお勧めします。

お子さんの特性を把握した上で、今後について考えることが大切になります。

✅お子さんの特性/関わり方の把握は「リタリコジュニア

リタリコジュニア とは、発達/療育支援の教室になります。

専門の指導員がお子さんの様子を見て、お子さんの特性・必要な学習方法・支援の必要性の有無について、分かりやすく説明してくれます。

リタリコジュニアが良い理由は、大きく5つあります。

・療育の最大手
(信頼/実績/豊富な知見)

・応用行動分析
(エビデンスに基づく指導)

・自己肯定感を高める指導
(子どもの成功体験/楽しさ)

・成果が具体的(書面で受け取れる)
(成果:子どものできた行動の数値化)
(効果的だった学習方法)

・家での関わりサポート
(ペアレントトレーニング)
(親の具体的な関わり方)

1回限りの指導で、本人の特性、対処法、学習方法、家での関わり方などを教えてもらうことができます。

継続的な支援の必要性があれば、続けることもできます。

思春期のお子さんですと、本人が嫌がることもあると思いますが、本人への伝え方から教室に事前に相談することができます。

その他、メリット・デメリットなど詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

【リタリコジュニア】療育支援員がおすすめする理由

私の息子が療育に通っていた経験、私自身の支援経験を元にお伝えしています。

また発達障害の有無に関わらず、困りを抱えてる子にとって、参考になる内容になっています。

1つの選択肢として、参考になれば幸いです。

「【字を書くのが嫌いな子】4つの理由・対策~予防しておきたい注意点~」のまとめ

記事のポイントになります。



字を書くのが嫌いな
 「4つの理由」
・本人の特性
・手先の不器用さ
・目の見え方
・負の経験が多い

字を書ける様になる為の
 「4つの対策」
・療育を受ける
・手先を使う機会を作る
・医療機関に相談する
・字を書いた時の成功体験を作る

字を書くのが嫌いな子
 「予防すべき注意点・対策」
・学習そのものが嫌いになることの予防
・”学力” “字を書くこと” を分けて対策
・学力は、タブレット学習

状況が進展しない時に
 「必要になること」

・子どもの特性/対処法の把握
・本人に合う学習方法の把握
・親の関わり方を学ぶ
・支援の必要性の有無の確認



以上になります。

本記事が、お役に立てば幸いです。

【関連記事】

【親も子もイライラ】発達障害の子の勉強がスムーズになる4つの対処法

-家での関わり方/その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【親も子もイライラ】発達障害の子の勉強がスムーズになる4つの対処法

発達障害の子の勉強で悩まれている方「子どもが勉強してる時、あまりに進みが悪くてイライラしちゃう。子どももイラついてる。今より上手くいく勉強方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 &#x2 …

【作文が苦手】ADHDの子が書ける様になる!作文の6つの方法を紹介

ADHDの子の作文で悩まれてる方「子どもが作文が苦手で困ってる。作文が書ける様になる方法を教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅ADHDの子 …

自閉スペクトラム症の子供は笑わない?主な症状とは【月齢別で解説します】

子供の発達が心配な方「うちの子、あまり笑わないし、他の子と様子が違う気がする…もしかして自閉症?自閉症の症状や判断基準が知りたい」 このようなお悩みにお応えします。 ☑本記事 …

【漢字が覚えられない】ADHDの子が覚えられる!4つの方法を紹介!

ADHDの子の勉強で悩まれてる方「子どもが漢字が覚えられなくて困ってる。ADHDの子が漢字を覚えられる方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x2705 …

【登校しぶりが治った】4つの対策~不登校になる前に押さえたいコト~

子どもの登校しぶりが心配な方「登校しぶりは、どれぐらいで治るの?登校しぶりが治る方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅登校しぶりの 「4つ …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/14

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/04

【保健室登校(別室)】成績はどうなる?よくある2つの事例と5つの対策

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/17

【学校をまた休む】不登校の復帰後の4つのポイント~再不登校の予防法~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【発達障害】落ち着くグッズ20選~自閉症の子がクールダウンする時のポイント~

2022/04/27

【発達支援員が使った感想】すららの無料体験~5つの長所、4つの短所~

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員がおすすめ】発達障害(グレーゾーン)の子向けの習い事~選ぶ時の8つのポイント~

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習~ADHD/自閉症の子に必要な4つの特徴~

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育に行かなかったら後悔する?】よくある5つの事例~早期療育はどの子にも良い~

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/03

【自閉症の子が夢中になる!】人気おもちゃ26選~療育支援員が紹介~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2022/06/02

【発達相談員が紹介】発語を促すおもちゃ12選~言葉が遅い子の4つの遊び方のコツ~

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【発達障害の子向け】おすすめゲーム7選~自閉症、ADHDの子が楽しく学べる~

2023/09/13

【知的障害の子におすすめ】おもちゃ19選!感覚遊び~全身運動まで紹介

2023/08/26

【知的障害の子におすすめ】室内遊び20選~おもちゃ・グッズを紹介~