不登校

【不登校低学年のその後は?】支援の事例紹介~今・この先、家族にできること~

投稿日:2024年1月18日 更新日:

不登校の子の今後が心配な方「小学校低学年の子は、その後どうなるの?学校行ける様になる?受験や人間関係は大丈夫?他の子がその後どうなってるのか知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

本記事の内容



✅不登校低学年の子の「その後」
 ~5つの事例~

「今」家族ができること

✅「この先」家族ができること

不登校低学年の子に
 「注意したいこと」

不登校の子に
 「必要なもの」

不登校低学年の子
 「備えておきたいこと」


現在、不登校の数は増え続け、社会問題にも発展しています。

身近でも、不登校の子・学校を休みがちな子がいるのは、珍しくありません。

特に、小学校低学年の不登校の子は、見過ごされやすく、思春期に入ると引きこもりや鬱など、生活により大きな支障が出る可能性が高まります。

一方で、不登校の子のその後については、情報は少なく「うちの子は、これからどうなるの..」と不安になる方も多いと思います。

特に、小学校低学年の子は、周囲の大人の「気付き・対応」が遅れることも多く、事例自体、そこまでオープンにはなっていません。

そこで本記事では「不登校の低学年の事例・関わり方・注意点」に関する情報をお伝えしたいと思います。

私は、不登校・療育支援の相談/支援員を10年以上しており、

これまで不登校のお子さん、親御さんの支援に携わってきました。

支援をする中で大切だと感じた点を、事例を通してまとめています。

参考になれば幸いです。

不登校低学年の子の「その後」~5つの事例~

不登校低学年の子の「その後」に関する

5つの事例を紹介します。

私が支援する中で、実際に携わってきたケースになります。

①②が最も多く、次に③、そして④⑤と減っていきます。



①:学年・担任が変わり「復帰する」

②:不登校が続き「支援に繋がる」

③:「フリースクール」に通う

④:「引っ越し・転校」する

⑤:学校はいかず「中学受験」を目指す


①:学年・担任が変わり「復帰する」

不登校の原因が『担任の先生・特定のクラスメイト』など、はっきりしてる場合になります。

先生、クラスが変わることで、不登校の原因が解消され、復帰できる様になります。

「先生が怖い」
「先生に怒られてばかり」
「嫌なことしてくる子がいる」

などの発言がある子は、不登校の原因が明確なため、原因が取り除かれると、復帰に繋がりやすい傾向があります。

ただ、中には本人の特性が関係してる場合もあり、先生・クラスが変わったとしても、途中で不登校に戻る子もいます。

②:不登校が続き「支援に繋がる」

原因が分からず、不登校の状態が続いてる子になります。

本人は、

「よく分かんないけど行きたくない」
「朝になると頭が痛くなる」
「学校にいくとドキドキする」

など、言葉にできない不安やストレスを抱えています。原因が分からない以上、家庭で対策が打てず、最終的に支援に繋がります。

不登校の支援とは、民間療育、NPO法人が多いです。学校の代わりとなる居場所、家族以外との交流、そして本人の今後について、一緒に考える機会になります。

支援先によっては「居場所を作る」が目的の場合もあれば、「本人の考え方・捉え方を広げる(本人が生きやすくなる為)」もあります。

本人が安心して楽しく過ごせて、信頼できる人がいる支援先が大切になります。

③:「フリースクール」に通う

学校(在籍校)に行く意思がない場合は、フリースクールの選択肢があります。

また、学校側の理解・協力が得られない場合も、フリースクールを選ぶ場合もあります。

最近はフリースクールの数も増え、お子さんの選択肢は増えてます。

数が多い分、内容、費用などそれぞれ違いますので、1つ1つ確認する必要があります。

④:「引っ越し・転校」する

数は少ないですが、引っ越し・転校する子もいます。

「本人の特性に理解を示す学校」、「通級・支援級がある学校」などを選ぶ(在籍校にない場合)場合があります。

✅学校はいかず「中学受験」を目指す(小学校高学年~)

小学校高学年になると、「自宅学習+学習塾」で受験対策に注力する子がいます。

一律の教育ではなく、ある程度本人に合わせて指導してくれる様な、私立中学校を検討される方も少なくありません。

ただ、私立は学校によって、合う・合わないがハッキリ出やすい為、本人と一緒に見学する・本人の特性を学校に伝えておく必要があります。


実際に入学してから、本人に合わなかったというケースは少なくありません。


【関連記事】

【不登校の体験談】復帰した5つの事例~復帰に繋がった3つの共通点~

「今」家族ができること~不登校低学年の子へ~

不登校低学年の子へ、

「今」家族ができることは、5つあります。



①:「その子自身」を認める

②:「家=安心して過ごせる環境」にする

③:本人が「安心して楽しめるモノ」の確保

④:「今できてること」を見つける
 (ほめる・共感する)

⑤:「支援先」に相談する


①:「その子自身」を認める

家族が、根底に持っておきたいスタンスになります。今の “その子自身” を受け止めることです。

不登校は、本人の特性と環境(学校)との間で、困りが生じています。本人に問題があるから、不登校というわけではありません。

『本人に問題がある』という視点ですと、本人の悪い所を “治す・改善する” という思考になり、本人にも伝わります。

本人の自己肯定感が下がり「どうせ自分なんて何もできない」と、自分の殻に閉じ籠もるようになります。状況は、悪化する一方になります。

「今の学校の環境は、本人にとっては辛いもの(辛く感じる子)なんだ」と、受け止めることが大切になります。

②:「家=安心して過ごせる環境」にする

不登校の子には、安心感が必要になります。安心と不安のバランスが崩れることで、不登校に繋がります。

不登校の多くの子は、学校での安心・不安のバランスが崩れています。他の子と比べ、安心感が少なく、不安に感じてることが多いです。

そのため、まずは家を “安心できる場所” にする必要があります。すでに安心できる環境になってる家庭も多いと思います。

ただ、中には、『家族の関わり=ストレス』になってる場合もあります。

「明日は学校行くの?」
「何で学校行かないの?」
「学校行くって言ってたよね」

など、本人がストレス・プレッシャーを感じる機会が多いと、家で安心できず、心身を消耗していきます。

③:本人が「安心して楽しめるモノ」の確保

本人が「これは好き!」「これやってると時間忘れちゃう!」のような、夢中になれるモノを見つけていきます。

アニメ、ゲーム、絵を描く、工作など、何でも大丈夫です。

大切なのは、本人が楽しめてる時間の確保になります。安心・楽しさを感じる機会がベースになり、不登校に向き合える状態に近づいていきます。

④:「今できてること」を見つける(ほめる・共感する)

本人の “今できてること” を見つけ、声を掛けていきます。

・部屋を片付けた
・朝◯時に起きた
・ドリルを1P解いた
・家の手伝いをした

また、本人の喜ぶポイントに合わせて、声かけを変えていきます。

・ほめる
(ex.◯◯できたね!すごい!)

・感謝を伝える
(ex.ありがとう、助かったよ)

・共感する
(ex.ドリル1P終わったんだね。これ難しいよね)

一般的には、高学年になるにつれ、感謝・共感の割合が高まる傾向があります。

⑤:「支援先」に相談する

家での関わりに限界を感じたら、支援先に相談するのが良いです。

できれば限界を感じる前に、相談できるのが理想です。不登校の期間は、本人にとっては、自己肯定感が下がってる期間とも言えます。

不登校期間が短い方が、支援や家族の関わりの効果が出やすいです。支援先は、個別の民間療育で、本人に合わせて支援してくれる所が良いです。

放課後等デイサービスなどの福祉サービスもありますが、混み合っていたり、決まった先生が個別でずっとできるわけでない為、不登校の子には合いにくいことが多いと思います(先生が変わる、他の子がいるなど、本人の不安要素になる変化が多い⇨本人の負担になりやすい)

もし、居場所を作りたい!という場合は、不登校支援のNPO法人を探してみるのも、1つだと思います。

最終的には、本人が行きたいと思った所に繋がるのが、一番です。

「この先」家族ができること~不登校低学年の子へ~

不登校低学年の子へ「この先」家族ができることは、4つあります。

不登校の子は、状態によっては、しばらく休息が必要な場合もあります。

休息が必要かの判断基準は、【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点 をご覧ください。

もし、本人が自分以外に関心を示す様子があれば、こちらの関わりを参考にしていただければと思います。



①:「興味・関心を深める機会」を作る

②:「ポジティブ」に振り返る

③:「過去の自分と比較」の視点にする

④:「本人の特性」を言語化する
 (周囲の理解を広げる為)


①:「興味・関心を深める機会」を作る

本人から「◯◯見てみた」「◯◯やってみようかな」などの発言があれば、興味が出たモノを知る機会を作ります。

例えば、

・資料請求してみる
・公式HPを一緒に見る
・道具を買う
・体験会に参加する

など、本人の興味が湧いたものに触れる機会を作ります。

発言がなくても、明らかに興味を示してる場合でも大丈夫です。

②:「ポジティブ」に振り返る

不登校の子は、周囲の出来事や人の言動に、敏感なことが多いです。

「◯◯で失敗した」
「人に◯◯と思われてる」

など、ネガティブな思考になりやすいです。

そこで、家族からポジティブに変換して、振り返っていきます。

・学校に行けなかった
⇨朝起きれた
⇨身支度できた
⇨校門までいけた

・問題10問解けなかった
⇨5問解けた
⇨分かる問題が解けた
⇨分からない問題を自分から聞けた


など、本人が失敗体験と捉えることを、ポジティブに変換(リフレーミング)していきます。

本人が納得しなくても、周りがポジティブな視点で、本人と向き合うことが大切になります。

また、最初に共感を入れた上でポジティブに変換することも、ポイントになります。

例えば「朝は眠いよね」「10問あると大変だよね」などの言葉を、最初の一言に添えるイメージになります。

③:「過去の自分と比較」の視点にする

不登校の子は、自分自身と同学年の子を比べやすいです。

「クラスの皆は、学校行ってるのに、自分は行けてない」と周囲と比べ、傷つきます。

大切なのは、過去の本人自身と比べ、ポジティブな変化を見ていく所です。

例えば、

・1ヶ月前は1日1ページのドリルだったものが、今は3ページできる様になってる

・朝12時に起きてたのが、9時に起きられる様になってる

などがあります。

本人の具体的な変化を伝えるイメージになります。回数と期間が必要になる為、日々の関わりの積み重ねになります。

「こんなことを褒めるの?」と感じる方もいるかもしれませんが、不登校の子は、それほど自信を失っている状態になります。

④:「本人の特性」を言語化する(周囲の理解を広げる為)

本人が、学校や他の場所、人と関わる時に、周囲の理解は、必ず必要になります。

その為、親御さんが「本人の特性」を言語化できることが大切になります。

言語化できることは、周囲の理解に繋がり、本人が過ごしやすい環境作りに繋がります。

本人が得意、不得意な環境、必要な配慮などが伝えられると良いです。

【関連記事】

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

不登校低学年の子に「注意したいこと」

不登校低学年の子に向き合う時に、

「注意したいこと」は、4つあります。



①:「親にとって」で考える

②:「周囲の子・兄弟姉妹」と比べる

③:「他の子と同じ」を求める

④:「親だけで」抱え込む


①:「親にとって」で考える

何かを、判断・考える時に、主語が「大人(親)」になっていないかです。

例えば、学校に行くのが辛い子に対して、学校のことを何回も聞くのは、本人にとってはネガティブに働きます。

これは、親御さんが安心したい、学校に行ってほしいという気持ちが、関わりに出ている場合が多いです。

大切なのは「その子にとって」で考えることです。家族としては、「もう少し頑張ってほしい」と思いたくなりますが、グッと押さえて、本人の気持ちを尊重することが必要になります。

②:「周囲の子・兄弟姉妹」と比べる

「上の子は、◯◯だった」
「下の子は、◯◯できる」

など、兄弟姉妹と比べることは避けたいです。

兄弟姉妹ですと、嫌でも本人は意識してしまいます。お子さんによっては、一人で比べて傷ついてる場合もあります。

ただ、少なくとも家族は「一人ひとり違うのが、当たり前」という認識で関わり続けることが大切になります。

③:「他の子と同じ」を求める

「みんなと同じコトができる様に」
「みんなに追いつく様に」

という視点も避けたいです。

この視点は、本人を否定する意味合いになります。

「その子なりのペースで」
「その子らしく過ごせる様に」

という視点が大切になります。

④:「親だけで」抱え込む

お子さんの不登校に関する悩みを、家庭内だけで抱え込まないことが大切です。

お子さんの不登校は、家族の心身の負担が大きいです。特に小学校低学年は、一人で留守番できないことも多く、フリースクールなども、年齢が対象外になる所が多いです。

また、家族全体の状況を俯瞰する視点も大切なため、家族以外で信頼できる人に相談するのも大事になります。

個人的には、不登校の支援先に相談するのが、一番だと思います。今の本人に必要な関わり・環境など、教えてもらえますし、逆に避けた方が良い関わりも知ることができ、学びになります。

【合わせて読みたい記事】

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

「【不登校低学年のその後は?】支援の事例紹介~今・この先、家族にできること~」のまとめ

記事のポイントになります。



✅不登校低学年の子の「その後」
 ~5つの事例~
・学年、担任が変わり復帰する
・不登校が続き支援に繋がる
・フリースクールに通う
・引っ越し・転校する
・学校はいかず中学受験を目指す

「今」家族ができること
・その子自身を認める
・”家=安心して過ごせる環境” にする
・本人が安心して楽しめるモノの確保
・今できてることを見つける
 (ほめる・共感する)
・支援先に相談する

「この先」家族ができること
・興味・関心を深める機会を作る
・ポジティブに振り返る
・”過去の自分と比較” の視点にする
・本人の特性を言語化する
 (周囲の理解を広げる為)

不登校低学年の子に
 「注意したいこと」
・”親にとって” で考える
・周囲の子・兄弟姉妹と比べる
・”他の子と同じ” を求める
・親だけで抱え込む


以上になります。

本記事が、参考になれば幸いです。

【関連記事】

【学校をまた休む…】不登校の復帰後の4つのポイント・注意点

【担任が何もしない】不登校の子が困らない為に~3つの対策・大切なポイント~

-不登校

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【不登校の映画】不登校の子に向き合える「素敵な2作品」を紹介します

不登校がテーマの映画が知りたい方「不登校がテーマのオススメの映画が知りたい」 近年は「不登校」が取り上げられることが増えてきました。実際に不登校の子は、年々増加傾向にあります。 こちらの記事では、「不 …

【不登校の子は勉強追いつくの?】学習支援でも実践してる6つの勉強法

不登校の子の勉強で悩まれている方「不登校の子は、勉強追いつける様になるの?追いつく為には、何をすればいいの?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅不登校 …

【不登校の体験談】復帰した5つの事例~復帰に繋がった3つの共通点~

子どもの不登校で悩まれてる方「復帰した子の体験談が知りたい。復帰するまでの経緯、復帰できる子の共通点が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅復帰 …

【勉強しない不登校の子】ゲームばかりする3つの理由・対処法を解説します

子どもの不登校で悩まれてる方「うちの子、ゲームばかりで勉強しない。どう伝えれば勉強してくれるか…関わり方を教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 …

【不登校の再登校】失敗しない為の4つの注意点~復帰する時の6つのポイント~

子どもの不登校で悩まれてる方「不登校の子が再登校する時の注意点が知りたい。復帰する時のポイントも教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅再登校 …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/14

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/04

【保健室登校(別室)】成績はどうなる?よくある2つの事例と5つの対策

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/17

【学校をまた休む】不登校の復帰後の4つのポイント~再不登校の予防法~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【発達障害】落ち着くグッズ20選~自閉症の子がクールダウンする時のポイント~

2022/04/27

【発達支援員が使った感想】すららの無料体験~5つの長所、4つの短所~

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員がおすすめ】発達障害(グレーゾーン)の子向けの習い事~選ぶ時の8つのポイント~

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習~ADHD/自閉症の子に必要な4つの特徴~

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育に行かなかったら後悔する?】よくある5つの事例~早期療育はどの子にも良い~

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/03

【自閉症の子が夢中になる!】人気おもちゃ26選~療育支援員が紹介~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法~自閉症の子にも有効~

2024/02/17

【学習障害】親ができること~家庭できる4つのコト・外でできる2つのコト

2024/02/16

【字を書くのが嫌いな子】4つの理由・対策~予防しておきたい注意点~

2024/02/07

【普通学級に通った】軽度知的障害の子の5つのパターン~2つの困るポイント~

2024/02/06

【母子登校】発達障害の子どもへできる5つのコト~大切な3つの視点~

2024/02/05

【発達障害の子の育児をやめたい】親の負担を軽くする4つの方法~一人で抱え込まない為に~