不登校

【不登校の担任の気持ち】何が本音?担任と関わる時の4つのポイントとは

投稿日:2023年12月1日 更新日:

担任の先生で悩まれてる方「不登校の担任の先生って、どんな気持ちなの?子どもや学校の相談など、担任の先生と上手くやりとりをしていきたい」

このようなお悩みに、お応えします。

本記事の内容



不登校の子が在籍するクラスの
 「担任の気持ち」

不登校の担任と関わる時の
 「4つポイント」

担任と関わる上での
 「3つの注意点」

担任とのやりとりが
 「どうしても難しい時」


不登校の子が
 「備えたいこと」


不登校のお子さん、親御さんにとって、担任の先生の存在は、言うまでもなく大きな存在です。

そして、学校への通い方、クラスでの配慮、進路など、担任の理解・配慮・協力は、必要不可欠になります。

ただ、担任とのやりとりが上手くいかず「先生は何を考えてるんだろう…どんな気持ちで対応しているの?」と悩まれてる親御さんは少なくありません。

そこで本記事では、不登校の担任の気持ち・担任との関わり方に関する情報をお伝えします。

私は、不登校・療育支援を10年以上しており、不登校・発達障害のお子さん、親御さんの支援に携わってきました。

親御さんが、担任の先生の気持ちに合わせて相談することで、話が進みやすくなったケースを、支援の中で何回も見てきました。

その支援経験を元に、本記事をまとめてます。参考になれば幸いです。

不登校の子が在籍するクラスの「担任の気持ち」

不登校の子が在籍するクラスの

「担任の気持ち」は、4つになります。



①:「不登校=甘え」だと思ってる
 (本人・家庭の努力不足)

②:「先生の役割」を全うしたい

③:「学校での立場」を守りたい

④:「教室運営」を優先したい


①:「不登校=甘え」(本人・家庭の努力不足)

本人や親御さんを否定したり、無理なことを求めてくる先生になります(ex.皆と同じ様な登校、授業を全部受ける)。

不登校を本人の甘え、努力不足だと捉え、一律に対応しようとします。

本人や家庭に合わせた、柔軟な対応はせず、

「皆もやってます」
「学校では、◯◯が決まりです」
「一人だけ特別扱いはできません」
「とりあえず学校に連れてきて下さい」

などの、考えや発言が見られます。

②:「先生の役割」を全うしたい

先生自身は熱心なのですが、お子さん、親御さんにとっては、負担になる関わりをします。

良くも悪くも「先生は、◯◯すべき」という考えが強い為、多くのコトを頑張って促そうとします。

「学校に行かないと、本人が困っちゃう」
「学校に行って、教室で過ごすことが一番」

など、”本人に合わせて” というより、“◯◯であるべき” という気持ちが強いイメージになります。

③:「学校での立場」を守りたい

先生の利己的な考え方から、本人に無理な登校を求める場合になります。

「担当するクラスに不登校の子がいる」という先生自身の教室運営を疑われない様にする為、生徒には頑張って学校に来てもらい、健全な教室運営ができているというアピールをします。

不登校は「30日以上の欠席」という基準がある為、時々出席してもらうだけでも、正式な不登校としてカウントされません。

先生によっては、自分の評価・学校での立場を守る為に、という気持ちが強い場合もあります。

④:「教室運営」を優先したい

教室運営を最優先にし、遅れる子に対しては、放置に近い対応をする先生です。

個人に合わせた対応はせず、担任自身のやり方についていけない生徒は、置いてけぼりに近い状態になります。

親御さんとしても、放置されてる気持ちになります。

【関連記事】

【欠席理由はどう伝える?】不登校の欠席連絡・電話が辛い時の対策

不登校の担任と関わる時の「4つポイント」

不登校の担任と関わる時の「ポイント」は、

4つになります。



①:「本人・保護者の意向」を明確に伝える

②:「担任のタイプ」を把握する

③:「検査結果・療育の支援計画」の共有

④:「スクールカウンセラー」に相談する
 (家庭と担任の仲介役)


①:「本人・保護者の意向」を明確に伝える

本人の気持ち、親御さんの考えを伝えていきます。

『本人の気持ち』とは、例えば、

・教室には登校したくない
・保健室登校ならできる
・体育は見学したい
・同級生と同じ時間帯の登校は避けたい

などになります。

親御さんの意向』とは、例えば、

・本人の意思を尊重したい
・欠席する時だけ連絡する
・1ヶ月に1回、近況の連絡をしたい

などになります。

一番大切な本人の気持ち、そして本人を支える親御さんの考えを最初に伝えることが重要になります。

②:「担任のタイプ」を把握する

担任の先生のタイプによって、相談の仕方が変わります。場合によっては、担任以外に相談する方が良い場合もあります。

よくある担任の先生のタイプは、

①新人で熱心
②専門知識ないけど協力的

③ベテランで自分のやり方を曲げない
④知識、経験もありサポートしてくれる


などがあります。①②は、療育先などに繋がっていれば、助言をもらい、内容を担任の先生に伝えることで、本人に必要なサポートが得られやすいです。

④は担任の先生に頼り、リードしてもらいます。

問題は③になります。相談しても話が進まない場合は、スクールカウンセラー・管理職の先生(校長、教頭など)など、担任以外の先生に相談することが望ましいです。

個別面談などを申し込み、まずは今の困りを他の先生に把握してもらう所から始めていきます。

③:「検査結果・療育の個別支援計画」の共有

療育・医療機関に繋がってる方は、検査結果や個別支援計画など、本人の様子がわかる記録(控え)を渡すのも1つです。

先生によっては、専門家の意見があれば、説得力が増し、協力に繋がる可能性もある為です。

また、お子さんの様子に対して共通認識が持てる為「癇癪を起こした時は、別室に移動して一旦落ち着く」など、お子さんに必要な関わりも、統一しやすくなります。

④:「スクールカウンセラー」に相談する
 (家庭と担任の仲介役)

スクールカウンセラーは、学校・家庭の間に立つ、中立の立場の先生になります。

お子さんのことは勿論、担任の先生とのやりとりなども含めて、学校生活全般の相談ができます。

学校の先生と違い、専門的な知識・経験もある為、学校内での相談役には心強いです。

スクールカウンセラーは、週に数日勤務してる(複数の学校等にも勤務)場合が多いです。事前に面談を申し込み、個別相談をします。

先ほどの内容と重なりますが、管理職の先生への相談も1つです。

特に、担任に相談に応えてもらえない等があれば、管理職の先生に入ってもらい、担任の先生にアプローチしてもらいましょう。親御さん・校長・担任の三者で面談をするのは珍しいことではありません。

【関連記事】

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント

担任と関わる上での「3つの注意点」

担任(学校)と関わる上での「注意点」は、

3つになります。



①:「担任と対立」は避ける
 (学校との関係性の悪化も)

②:「担任以外の先生」を巻き込む
 (担任と話が進まない場合)

③:「一人だけで」抱えない
 (家族の協力を得る)



①:「担任と対立」は避ける(学校との関係性の悪化も)

担任の先生、学校側との対立は避けます。

学校や担任の対応によっては、憤りや疑問を感じることもあると思います。ただ対立しても、本人の学校での過ごしやすさは変わりません。

むしろ、腫れ物に触れる様な対応をされ、親御さんも含め、嫌な思いをする場合もあります。

それでも感情的になってしまいそうな場合は「悪い関係性だけは避ける」を意識して距離をとる形でも、十分だと思います。

②:「担任以外の先生」を巻き込む(担任と話が進まない場合)

学校内で信頼できる先生、相談できる先生を作ることが大切になります。

親御さんにとっては、相談先がある安心感に繋がりますし、

お子さんにとっても「自分のことを分かってくれる先生がいる」という安心感になります。

担任、スクールカウンセラー、管理職の先生など、話をして信頼できる先生を見つけていきたいです。

③:「一人だけで」抱えない(家族の協力を得る)

不登校問題は、親御さんの精神的負担がとても大きいです。

その上、本人との関わり、学校とのやりとりは、大きな負担として重くのしかかります。頼れる人がいる場合は、家族など周囲の協力を得て、一人で抱えない工夫をすることが大切になります。

親御さんが不安定になると、本人も不安定になりやすいです。親御さんが一人で抱えない様にして、コンディションを整えておくことも大事になります。

【関連記事】

【不登校の再登校】復帰する時の6つのポイント

「【不登校の担任の気持ち】何が本音?担任と関わる時の4つのポイント」のまとめ

記事のポイントになります。



不登校の子が在籍するクラスの
 「担任の気持ち」
・”不登校=甘え” だと思ってる
・本人・家庭の努力不足
・先生の役割を全うしたい
・学校での立場を守りたい
・教室運営を優先したい

不登校の担任と関わる時の
 「4つポイント」
・本人・保護者の意向を明確に伝える
・担任のタイプを把握する
・検査結果・療育の支援計画の共有
・スクールカウンセラーに相談する

担任と関わる上での
 「3つの注意点」
・担任と対立は避ける
・担任以外の先生を巻き込む
・一人で抱えない


以上になります。

本記事が、お役に立てば幸いです。

【関連記事】

【不登校の子にオススメ】習い事~4つの選ぶポイント・注意点~

-不登校

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【不登校の給食費】支払いは必要?支払いに悩んだ時の2つの方法とは。

不登校の子の給食費で悩まれている方「学校に行ってなくても給食費は払わないといけないの?なるべく無駄な給食費は払いたくない。良い方法があれば知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 &#x2611 …

【不登校の子ども】何が正解なの?望ましい声かけ/避けたい声かけとは

子どもの不登校で悩まれている方「不登校の子どもに、どう声かけしていいか分からない。不登校の子に合った声かけが知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x2705 …

【復帰が怖い】不登校の中学生が再登校する時の4つのポイント・注意点とは

子どもの不登校で悩まれてる方「子ども(中学生)が復帰を怖がってる。どうすれば怖がらずに登校できるの?再登校する為の方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 & …

【不登校】修学旅行は行かせて平気?大切な3つのポイント・注意点とは

子どもの不登校で悩まれてる方「修学旅行は行かせた方がいいの?不登校の子は修学旅行はどうしてるの?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅不登校の子の修学旅 …

【欠席理由はどう伝える?】不登校の欠席連絡・電話が辛い時の対策とは

学校への欠席連絡で悩まれてる方「不登校で休む場合、欠席の理由はどう伝えるべき?不登校のご家庭は、皆どう伝えてるの?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅ …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/14

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/04

【保健室登校(別室)】成績はどうなる?よくある2つの事例と5つの対策

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/17

【学校をまた休む】不登校の復帰後の4つのポイント~再不登校の予防法~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【発達障害】落ち着くグッズ20選~自閉症の子がクールダウンする時のポイント~

2022/04/27

【発達支援員が使った感想】すららの無料体験~5つの長所、4つの短所~

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員がおすすめ】発達障害(グレーゾーン)の子向けの習い事~選ぶ時の8つのポイント~

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習~ADHD/自閉症の子に必要な4つの特徴~

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育に行かなかったら後悔する?】よくある5つの事例~早期療育はどの子にも良い~

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/03

【自閉症の子が夢中になる!】人気おもちゃ26選~療育支援員が紹介~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法~自閉症の子にも有効~

2024/02/17

【学習障害】親ができること~家庭できる4つのコト・外でできる2つのコト

2024/02/16

【字を書くのが嫌いな子】4つの理由・対策~予防しておきたい注意点~

2024/02/07

【普通学級に通った】軽度知的障害の子の5つのパターン~2つの困るポイント~

2024/02/06

【母子登校】発達障害の子どもへできる5つのコト~大切な3つの視点~

2024/02/05

【発達障害の子の育児をやめたい】親の負担を軽くする4つの方法~一人で抱え込まない為に~