不登校

【欠席理由はどう伝える?】不登校の欠席連絡・電話が辛い時の対策とは

投稿日:2023年7月13日 更新日:

学校への欠席連絡で悩まれてる方「不登校で休む場合、欠席の理由はどう伝えるべき?不登校のご家庭は、皆どう伝えてるの?」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



不登校でよくある
 「欠席理由」


✅不登校の欠席連絡が
 「辛いときの対策」



✅不登校の欠席連絡をする時に
 「大切なこと」


不登校の子が
 「備えておきたいこと」


不登校問題で、よくある悩みの1つが「不登校の欠席理由(伝え方)」になります。

学校への連絡だけでも負担なのに、理由を考えるのは、親御さんをより悩ませます。

そこで今回は「不登校の欠席連絡」 に関する情報をまとめています。

また本記事では、欠席の連絡をする時に、大切な点もお伝えします。

欠席理由・辛い時の対策は、あくまで短期的な対策になります。ただ不登校問題は、中長期的な問題になる場合が多いです。

そこを見据えて、中長期的に大切な視点・具体的な準備も、お伝えできればと思っています。

この記事の執筆者の私は、相談・療育支援を10年以上しており、不登校のお子さん・ご家族の支援にも数多く携わってきました。

その支援経験を元にまとめています。参考になれば幸いです。

不登校でよくある「欠席理由」

不登校でよくある

「欠席理由」は2つあります。



①:本人の「体調不良」


②:本人の「行きしぶり」

1つずつ、見ていきましょう。

①:本人の「体調不良」

実際に体調不良な時も、そうでない時も「体調不良」と伝えます。

頭痛、腹痛、吐き気など、実際に体調が悪くなる子もいます。

単純に本人が嫌がってる(元気ではある)場合でも、「体調不良」と言っておけば、学校側からそれ以上干渉されることは、少なくなります。

あまり干渉されずに、話を大きくしたくない方(様子を見たい)には、一番良い伝え方になります。

②:本人の「行きしぶり」

本人の様子を、そのまま伝える形になります。

「本人が学校に行きたくないと言ってるので、今日は休ませたいと思います」とお伝えするイメージになります。

「お子さんの気持ち・状態」を先生に把握してほしい場合は、率直に伝える形が良いと思います。


【関連記事】

【不登校の小学生】家での過ごし方は何が大事?4つのポイント・注意点

不登校の欠席連絡が「辛いときの対策」

学校への「欠席連絡が辛いときの対策」は、3つあります。

学校への欠席連絡は、本当に辛いものです。親御さんの大きな負担になります。

その負担を少しでも減らす対策として、参考にしていただけますと幸いです。



①:「出席する時だけ」連絡する

②:「メール・LINE」で伝える

③:「1時間目の授業中」に連絡する



1つずつ、見ていきましょう。

①:「出席する時だけ」連絡する

「とにかく親の負担が大きい。欠席の電話もしんどい..」という方向けになります。

事前に、担任の先生に相談が必要にはなりますが、親御さんの負担が一番軽い方法になります。

私が支援する中でも、実際にこの方法をされてる方は多いです。私の肌感覚になりますが、多くの担任の先生が了承してます。

ただ、学校や担任の方針によっては、

「週1回は連絡をとります」
「放課後にプリントだけ取りに来て下さい」

など、お話があることもあります。

親御さんが無理しない範囲で、繋がりを持てれば良いと思います。

理由は、今後相談する際に、円滑にお話が進みやすくなるためです(ex.再登校、別室登校、テスト、進路相談)。

②:「メール・LINE」で伝える

「欠席の連絡はちゃんとしたい。でも電話は負担が…」という方向けになります。

学校によっては、メールで欠席フォームを送ったり、LINEで伝えるなど、ツールがあります。

このようなツールを使う方が楽という方は、積極的に活用する方が良いと思います。

③:「1時間目の授業中」に連絡する

「欠席の連絡はちゃんとしたいけど、メールとか苦手だし…担任に直接伝えるのも負担…」という方向けになります。

対策として、1時間目の授業中に連絡する方法があります。

授業中の時間でしたら、基本的に担任の先生は電話に出れません。

他の先生に伝言を残す形であれば、気まずい思いをしなくて済むと思います。

【関連記事】

【不登校の母親】今より気持ちを軽くする4つの過ごし方・5つの視点とは

不登校の欠席連絡をする時に「大切なこと」

不登校の欠席連絡をする時に、

「大切なこと」は4つあります。



①:「主語」を親にする

②:担任と「共通認識」をもつ

③:学校への連絡時に「謝らない」

④:「学校との繋がり」のイメージをもつ


1つずつ、見ていきましょう。

①:「主語」を親にする

本来、不登校問題は、お子さんを主語にして考えますが(別記事で詳しくまとめています)、

今回の欠席連絡の件は、親御さんに直接関わりますので、親御さんを主語にします。

例えば、欠席の連絡をする時に「先生に迷惑かかるかな..」「学校側がどう思うかな..」など、先生や学校を主語にして考えてしまうことがあります。

悪いことではないのですが、主語が先生や学校にすると、親御さんが無理をする形になり、結果的に負担が大きくなります。

そういった理由から、欠席連絡の場合は「親の気持ち」を軸に考え、

どういう形での連絡方法が、一番負担がなく継続できるのか、を考えることが大切になってきます。

連絡を最小限にしたい!という方は「欠席の時だけ連絡」が良いと思いますし、

「欠席連絡はメールで良いけど、定期的に先生と連絡をとらないと、親自身が不安になる」でしたら、

「欠席連絡はメール。週に1回電話で先生に話す」が1つだと思います。

“親御さんの気持ち” を主語にして、一番良い連絡方法を考えることをお勧めします。

②:担任と「共通認識」をもつ

親御さんにとって、一番良い形の連絡方法が考えられたら、担任の先生に相談します。

先生と共通認識が持てれば、問題ないのですが、

中には「何とか学校に来るよう促して下さい」と、頻度多く連絡をとりたがる先生もいます。

先生の対応で困ってる方は、こちらの記事をご覧ください。

【不登校】しつこい先生にはどう対応すべき?3つの対策とは

③:学校への連絡時に「謝らない」

欠席の連絡をする時は、謝らないことです。

特に注意が必要なのは、本人が聞いてる場合です。

本人からしたら、自分が学校を休んだことで家族が謝っていたら、

「皆に迷惑かけてる。自分はやっぱりダメなんだ」と自分を責めてしまいます。

ただ、本記事の前半で紹介した対策をすれば、そもそも電話で謝る場面は最小限にできると思います。

“謝る” ことは、親御さんの心の負担を大きくするものです。

親御さん自身を守るという点でも、”意識的に謝まる場面を減らす” が大切になります。


④:「学校との繋がり」のイメージをもつ

「学校とのやりとり=学校との繋がりを維持するため」と考えると、気持ちが少し軽くなる方もいらっしゃると思います。

単純な学校のやりとりは、負担になりますが、今後 “学校と連携して子どもをサポートする時の土台作り” だと考えられると、

同じ学校とのやりとりでも、気持ちが違ってくることもあると思います。

【合わせて読みたい記事】

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点

不登校の子が「備えておきたいこと」

ここでは、中長期的な視点で、不登校の子が備えておきたいことをお伝えします。

冒頭でもお伝えした様に、不登校問題は、中長期的な問題になることが多いです。

そこを踏まえると、お子さんの状態に合わせて、家庭で無理のない範囲で準備をすることが、大切になってきます。

不登校問題で、必ずと言っていいほど出てくる問題が、 “学習の遅れ” になります。

当たり前のお話ですが、不登校の時間が長ければ長いほど、学習の遅れは大きくなってきます。

進学・将来の選択肢など、影響が出てきます。ただ不登校問題は、短期的に解決できる問題ではありません。

そこを踏まえた対策の1つとして、自宅学習があります。

不登校の子にとって、

無理をしない
安心できる環境
自分で決められる

これらの要素が大切になります。お子さんの状況によりますが、

学力を上げるだけでなく、学習習慣をつけたり、今までの学習を忘れない為の復習も大切になります。

学習が、一度大きく遅れてしまうと、取り戻すのに時間・エネルギーを消耗し、次第に勉強が嫌になり、自信を失ってしまいます。

そうなると、学習だけでなく、生活全般に影響が出てきます。

学習面に心配がある子には、早めの学習フォローがあると安心です。

ただし、本人が “学習に向かえる気持ち・エネルギーがある状態” が前提のお話になります(この段階でない子は、休息が最優先になります)

✍学習の遅れは「タブレット学習」で対策

不登校の子の自宅方法の1つとして「タブレット学習」があります。

自分のペースで取り組めて、課題の自動抽出・アニメーション解説など、

「今その子に必要な内容を、分かりやすく解説してくれる学習」になります。

そして、自分で決めて学習できるのは、不登校の子にとって、大人が思う以上に、ポジティブな影響があります。

不登校でよくある、家族からの「勉強少しはしたら?」「学校行かない分、勉強をしなさい」は、

お子さんのストレス値を高め、不登校問題をより深刻にします。そして家族のストレスにもなると思います。

自分で決めた量のタブレット学習をする形でしたら、

学習の再スタートとしても。苦手意識・モチベーションが低い子にも。取り組みやすい内容になっています。

メリット・デメリットなど、タブレット学習の詳細は、下の記事にまとめています。

不登校の子の学習フォローの選択肢として、情報収集されたい方にも、参考になると思います。

発達障害の子向けの記事ですが、不登校の子にも共通する内容になっています。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良いタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

「【欠席理由はどう伝える?】不登校の欠席連絡・電話が辛い時の対策」のまとめ

記事のポイントをまとめます。


✅不登校でよくある
 「欠席理由」
・本人の体調不良
・本人の行きしぶり

不登校の欠席連絡が
 「辛いときの対策」

・「出席する時だけ」連絡する
・「メール・LINE」で伝える
・「1時間目の授業中」に連絡する

不登校の欠席連絡をする時に
 「大切なこと」
・「主語」を親にする
・担任と「共通認識」をもつ
・学校への連絡時に「謝らない」
・「学校との繋がり」のイメージをもつ

不登校の子が
 「備えておきたいこと」
・早めの学習フォロー
・タブレット学習


以上になります。

本記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

-不登校

執筆者:


  1. […] 【欠席理由はどう伝える?】不登校の欠席連絡・電話が辛い時の対策 […]

  2. […] 【欠席理由はどう伝える?】不登校の欠席連絡・電話が辛い時の対策 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【不登校の親】ノイローゼになる前に。親のメンタルを守る為に大切なこと

子どもの不登校で悩まれてる方「不登校の子の親は、問題にどう向き合って乗り越えればいいの?乗り越え方・事例も教えてほしい」 ☑本記事の内容 ✅不登校は「親のメンタル」が最重要 …

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

子どもの不登校で悩まれてる方「不登校期間って平均でどれぐらい?期間が短くなったり、長くなる違いって何?子どもの今後の見通しがなくて不安」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内 …

【不登校の給食費】支払いは必要?支払いに悩んだ時の2つの方法とは。

不登校の子の給食費で悩まれている方「学校に行ってなくても給食費は払わないといけないの?なるべく無駄な給食費は払いたくない。良い方法があれば知りたい」 このような疑問/お悩みに、お答えします。 &#x2 …

【不登校】兄弟が受けやすい3つの影響とは。対策、逆効果な接し方も説明します

不登校の子とその兄弟について悩まれている方「不登校の子の影響が、他の子にも出そうで心配。不登校を他の兄弟にどう説明すればいいか困る」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 …

【担任が何もしない】不登校の子が困らない為に。3つの対策・大切なポイントとは

担任の先生で悩まれてる方「子どもが不登校で相談したいのに、担任の先生が何もしない。どうすればいい?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅不登校で困ってる …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/16

【発達障害の子におすすめ】感覚遊び19選~遊ぶ時に大切な3つのポイント~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/16

【療育支援員が紹介】ADHDの子におすすめクッション5選!効果的な使い方も解説

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2023/02/16

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/24

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選~遊ぶ時の3つのポイント~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2023/09/05

【発達相談員が紹介】言葉の発達を促す遊び21選!言葉を増やす3つのポイント

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【発達障害の子向け】おすすめゲーム7選~自閉症、ADHDの子が楽しく学べる~