発達マップ

発達が気になる子の「子育て・保育・教育」に役立つ情報をお届けします

特別支援

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

投稿日:2021年7月16日 更新日:

支援学級の担任で悩まれている方「支援学級の担任と相性が合わない。どこまでお願いをしていいか分からない。担任と合わない時にやるべきことが知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

本記事の内容



支援学級の担任と関わる上で
「大切なこと」


・支援学級の担任のやり方が
「納得できない時」


お子さんが支援学級に在籍中、もしくは、これから通うことを、検討されている方にとって、

「支援学級の担任」の存在は、重要ですよね。色んな噂話もあるので、実際に不安を感じる方も、多いかと思います。

私は、発達支援の相談/指導員を10年以上しており、特別支援学級についての相談を、多く受けてきました。

その支援経験を元に、本記事で、「支援学級の担任と合わないときの対策」について、まとめました。

本記事をお読み頂けると、支援学級の担任で悩んだときに、やるべきこと・優先順位がつけられる状態になると思います。

本記事が参考になれば、幸いです。

支援学級の担任と関わる上で「大切なこと」

支援学級の担任と関わる上で「大切なこと」は、3つになります。

まず、担任とやりとりをする上で、踏まえておく・知っておくべきことを、まとめてみました。

一緒に見ていきましょう。



①:親が担任と子どもの「仲介役」になる


②:「担任と一緒」に作る


③:「支援学級の担任=特別支援のプロ」とは限らない


①:親が担任と子どもの「仲介役」になる

担任とお子さんとのやりとりを円滑にする為に、『親御さんが仲介役になる』ことが、大切になります。

理由は、実際に教室で一緒に過ごすのは担任とお子さんだからです。

あくまで、先生とお子さんのやりとりをスムーズにするために、親御さんが入るスタンスを持ちましょう。

②:「担任と一緒」に作る

こちらもスタンスに近いのですが、

お子さんの過ごしやすい環境は「担任が作る」ではなく『親と担任で一緒に作る』方が、望ましいです。

担任の先生も人間です。業務に追われる忙しい日々の中、一方的に「先生これお願い」をされては、担任も協力しきれないことが、多くなる場合があります。

私たちも家事・仕事をするときに、「○○お願い」ばかりでは不満が溜まり、協力する気がなくなってしまいますよね。

③:「支援学級の担任=特別支援のプロ」とは限らない

支援学級の先生は、教員免許を持ったプロです。

ただ、発達障害などの特性を持ったお子さんの支援をする『特別支援のプロ』とは、限りません。

これは、先生がというより、制度の問題になります。制度上の問題などが理由もあり、

支援学級の担任は、全員が全員…

・専門性がある/ない先生もいる
・全員が全員、望んで支援学級の担任になったわけではない

ということを、踏まえておきましょう。

ここについて、詳しく知りたいは、【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説をご覧ください。

支援学級の担任のやり方が「納得できないとき」

支援学級の担任のやり方が「納得できないとき」の対策は、大きく2つになります。

シンプルですが、しっかりできている方は、少ないです…。



①:担任と「話をする機会」を作る


②:「管理職」に相談する


①:担任と「話をする機会」を作る

この方法が一番早く・効果が高い方法になります。

担任と直接お話をして、上手くいくことが一番良いです。

先生も大人ですので、余程の担任ではない限り、こちらの言い分は、聞いてくれるとは思います。

ただ、先生も一人の人間です。伝え方次第で、本気で考えてくれるか、動いてくれるのか、は変わっていきます。

4つのポイントがありますので、こちらも1つずつ、見ていきましょう。

✍「あくまで相談」のスタンス

親御さんが一方的に要望を言ったり、先生の指導の指摘などを、しないことです。

先生にネガティブに捉えられたら、協力してもらうことは難しくなるためです。

具体的には、

「○○のことで相談したいことがあるのですが、お時間いかがでしょうか。」

のように、最初に相談したい意思を伝えると、その後のお話が円滑になります。

✍担任のメリットを伝える

私たち親の気持ちとしては、「子どものために○○して!」と言いたくなりますよね。

ただここでは、グッと堪え、担任を主語にして、伝えることが大切になります。

具体的には、

「席を先生の目の前にして頂けると、子どもに指示が通りやすくなって、先生も個別で声掛けすることが減ると思います。そちらの方が、先生も授業を進めやすいと思います」

のようなイメージになります。

あくまで一例ですので、担任のタイプに合わせて、変えて頂ければ幸いです。

✍子どもの気持ち、困りの事実を伝える

「子どもが授業中に、分からない所を先生に質問できなくて困ってる」「授業中は緊張して質問できないと、子どもが言っている」

のように、具体的な場面で事実ベースで伝えると、受け止めてくれる可能性が上がります。

先生によっては「本当にそうなのかな?」と疑問が生まれ、様子を見るといいつつ、

そのまま協力を得られなくなることを、避けるためです(このパターンが結構多いです)。

✍担任の考えと合わないと思った時は、すぐに引く

上記の3つの伝え方をしても、担任が全く受け入れる様子がないときは、すぐに引きましょう。

ここまで工夫をして、理解を示さない場合は、担任自身に問題がある場合が多いです(残念ながら少なくないです…)。

時間を掛けた所で、「担任vs親」になり、関係性が悪化したり、親御さんが消耗したりと、デメリットの方が、多くなってしまいますので…。

②:「管理職」に相談する

担任とのやりとりが、どうしても難しい場合は、学校の管理職(校長、教頭or副校長)に、担任の不安な点を伝えましょう。

担任がその学級を担当することは、校長先生の権限で決定されます。そのため、校長先生に相談することは、筋が通っています。

学校側でも、先生の指導力は、おおよそ把握しています。問題がある先生の何かしらのトラブルは、管理職からすれば、想定の範囲内です。

例えば、対策の1つとして、ベテラン教師と一緒に組ませる、サポートの教員を付けるなど、できる範囲内で対策をしていることがあります。

このような『担任以外』に頼ることも、大切になっていきます。

また、校長からすると学級担当は、「自分が命じた」責任がありますので、その事に何かご意見が出れば、真剣に対応します。

管理職から担任への指導も期待できます。

注意点として、繰り返しになりますが、「クレーム(意見)」ではなく、『相談』というスタンスは、変えないことが重要になります。

⚠子どもに「担任の不満」を言わない

親御さんが担任に不安を感じていることを、言葉に出してお子さんに伝えるのは、避けた方が良いです。

お子さんに、固定観念が入り、先生の全てを悪く見るようになり、「担任との関係性の悪化に繋がる可能性」があるためです。

もし、お子さんが担任に不安・不満を感じている場合は、「○○って思ったんだね」とお子さんの気持ちを受け止め、共感することをお勧めします。

ここで注意が必要なのは、同調しすぎないことです。

お子さんの中で、「やっぱり先生は悪いんだ!」いう、先生への嫌悪感が増すことになるので…(なかなか難しいのですが…)。

年度の途中で、先生は変えられないので、不必要にネガティブな感情を助長し、関係悪化は避けられた方が、良いです。

⚠教育委員会への相談は「最後の手段」

校長(教頭or副校長先生)に、相談する前に教育委員会に相談することは、避けましょう。

理由は、校長先生(学校側)との関係性を、悪化させる可能性があるためです。

教育委員会とは、校長先生に指導できる立場にあります。

ただ、校長先生としては、自分に相談される前に、教育委員会に相談され、指導を受けたら、良い気持ちはしません。

まずは校長に相談し、どうしても難しい場合は、教育委員会に相談が良いでしょう。

私の経験上、親御さんと学校が対立関係になったら、その後上手く言ったケースは、ほとんどありません。

それぐらい、学校との関係性は基盤になる、重要なものになります。

「【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



支援級の担任と関わる上で大切なこと
・担任と子どもの仲介役になる
・担任と一緒に作る
・支援級の担任=支援のプロとは限らない


支援級の担任のやり方が納得できない時
・担任と話をする機会を作る
・管理職に相談する


【注意点】
・子どもに「担任の不満」を言わない
・教育委員会への相談は「最後の手段」


以上になります。

支援学級に関わらずですが、色んな担任がいます。

もし担任が歩み寄らないスタンスの場合、学校内で頼れる味方を見つけて、

関係性を作ることが、大切になります(スクールカウンセラーなど)。

本記事が、お役に立てれば幸いです。


【関連記事】

【特別支援学級の高校ないって本当?】中学支援級からの進路・対策を解説

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明

-特別支援

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

特別支援学級の子どもへの説明の仕方について知りたい方「特別支援学級について、子どもにどう説明すればいい?良い伝え方が知りたい」 このような疑問/ご要望に、お答えします。 ☑本記事の内容 …

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

特別支援学級について知りたい方「特別支援学級はどんな子が使うの?うちの子は判定下りるの?内容~卒業後の進路まで、詳しく知りたい」 このような疑問/ご要望に、お答えします。 ☑本記事の内容 …

【普通学級にこだわる】我が子の障害受容ができないと起こる、2つの問題

子どもの進級先について悩まれている方「普通学級に行かせたいけど、子どもにとって、良い選択なのか分からない」 このようなお悩みに、お答えします。 ☑本記事の内容 ・普通学級に「こだわる原因 …

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

特別支援学級の担任に不安がある方「特別支援級の担任にはずれが多いって本当?はずれの担任の場合、どうすればいい?」 このような疑問/お困りに、お応えします。 ☑本記事の内容 ・特別支援学級 …

【簡単にわかる!】特別支援学級と通級の違いとは。図で徹底解説!

特別支援学級と通級の違いが知りたい方「特別支援学級と通級って何が違うの?それぞれの特徴やメリット/デメリットが知りたい」 こういった疑問、ご要望にお答えします。 ☑本記事の内容 ・特別支 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/07/27

【不安が強い子供】今日から始められる!3つの原因と8つの対処法とは

2021/07/21

【子育て】不安がある人が9割!子供を育てる…自信がない時の対処法

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/07/12

【子供の習い事】自信をつけさせる習い事の選び方。3つのポイントと注意点

2021/07/08

【授業参観に行きたくない】参観で嫌な思いをしない!3つの方法とは。

2021/07/05

【子供のゲーム時間】平均時間は?1日の適切な時間とルールの決め方とは

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/28

【療育】掛け持ちはできる?メリット・デメリット・療育の選び方を解説

2021/06/25

【育児ノイローゼの夫(妻)】家庭でできる!4つの原因と対処法とは。

2021/06/24

【テレビばかり見る子供】親のイライラ…!効果的な4つの方法とは

2021/06/23

【物の管理】子供が物をなくすのにイライラ!3つの原因と対処法について

2021/06/18

【集中力は環境作りから!】発達障害の子におすすめな椅子2選!※選ぶ時の注意点あり

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/06/11

【子供の宿題】親のストレスにならない教え方・自分から宿題をするようになる方法

2021/06/09

【子供の心理】しつこい原因は何?「3つの原因」の対処法を説明します

2021/06/07

【不登校】しつこい先生にはどう対応すべき?3つの対策を説明します。

2021/06/04

【発達性協調運動障害】運動が苦手な子どもに合う習い事とは。選ぶポイントも説明します

2021/06/02

【不登校】兄弟が受けやすい3つの影響とは。対策、逆効果な接し方も説明します

2021/05/11

【障害児の学級選び】普通学級は親のエゴ?子どもに合った学級選びとは

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/05/02

【子供の偏食】食わず嫌いとは違う!原因別に10個の対処法を説明します

2021/04/21

【不登校の子ども】何が正解なの?望ましい声かけ/避けたい声かけとは

2021/03/19

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/02/08

【ママパパ必見】子どもに見せたい教育映画!おすすめ10選!

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例/注意点あり

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/28

【癇癪持ちの夫】我慢は解決方法ではない!4つの原因と妻の接し方とは

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/30

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説

2020/11/25

【家庭学習の天神】発達障害の子におすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/11/20

【リベルタサッカースクール】入会~退会/料金/内容について解説します!

2020/07/29

【幼稚園のトラブル】子どもの他害とは。4つの原因と対処法を解説します

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/07/02

【落ちた人も多い?】特別児童扶養手当とは。金額/条件/申込方法を解説

2020/06/24

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/17

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

2020/06/15

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/28

自閉症を描くオススメ映画17選【感動邦画~アクション洋画まで!】

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因とクールダウンの方法とは。家庭でできる対処法を解説

2020/05/18

自閉症スペクトラムの子供の親が読むべき本【プロが選ぶ厳選5冊】

2020/05/05

【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの漫画【厳選3冊】

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/27

ADHDの子供にオススメ!4つの絵カード【家でできる活用法も解説】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【ADHDの子どもの親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】

2020/03/27

【通所受給者証のデメリット】3つの注意点・メリット・申請方法を解説

2020/02/29

【ADHDの子ども】うちの子は何タイプ?3つの症状(タイプ)と7つの接し方とは

2021/07/15

【子供の自己肯定感】自信を取り戻す3つの方法とは?ほめ言葉リスト付き