学級・進路

【特別支援学級から普通高校に行くには何が必要?】5つのポイント・注意点とは

投稿日:2023年10月19日 更新日:

子どもの進学で悩まれてる方「特別支援学級から普通高校に行く子はいるの?何ができれば行けるの?」

このようなお悩みに、お応えします。

本記事の内容



✅特別支援学級⇨普通高校に行く為の
 「5つのポイント」

特別支援学級の子が
 高校受験する時の注意点

特別支援学級に通う子が
 「備えたいこと


特別支援学級の子の進学先で、悩まれる親御さんは、とても多いです。

お子さんの特性を考えると、普通高校が良いのか、通信学校など他の選択肢が良いのか、など難しい問題にぶつかります。

その中でも「普通高校」を進学先として検討される方も、少なくありません。

ただ「特別支援学級から普通高校に行けるの?行けても困らない?何ができると良いの?」など、不安に感じられる方も多いです。

そこで本記事では、

「普通高校に行く(過ごす)上で大切なこと・注意点」を紹介したいと思います。

私は、発達支援の相談/支援員を10年以上しており、これまで進路のご相談も受けてきました。

この支援経験を元に、私が現場で見て感じてきたことをお伝えしていきます。

また本記事の後半では、特別支援学級に在籍する子が “中長期的に備えたいこと” もまとめています。

参考になれば幸いです。

特別支援学級から普通高校に行く為の「5つのポイント」

特別支援学級から普通高校に行く為の

「ポイント」は、5つあります。

ここでお伝えするのは、学力以外のポイントになります。

本人が普通高校での生活を、自分らしく楽しく過ごす為に大切な点になります。

「行く」だけでなく「行って楽しく過ごせる」為のポイントになります。



①:本人の「自己選択」

②:「自己認知」と「対処法」

③:信頼できる「繋がり・居場所」

④:本人の「捉え方」

⑤:「周りに頼る」スキル


①:本人の「自己選択」

普通高校という選択肢を、最終的には本人に選んでもらう形をとります。

複数ある選択肢(進学先)のそれぞれのメリット・デメリットを伝え、本人に選んもらう機会を作ることが大切になります。

各選択肢については、学校の先生など詳しい先生から情報を集めていきます。

②:「自己認知」と「対処法」

本人が、自身の特性を知り、対処法を実践できる状態が必要になります。

例えば、記憶が苦手な特性をもつ子でしたら、机でメモ用の付箋を貼っておき、いつでもすぐにメモできる状態を作るようにします。

このように自分の特性を理解し、その対処法が実践できれば、生活の困りを減らすことができます。

自身の特性・対処法を言葉で人に伝えることができ、対処法が自分で実践できる状態が理想的になります。

また、普通高校に進むということは、特別支援学級のクラスメイトと違い、”自分と周囲との違い” を実感する場面が増えます。

「自分は◯◯が得意、◯◯は苦手。周りと◯◯が違う」など、自分と周りとの違いを正しく認識することも大切になります。

③:信頼できる「繋がり・居場所」

特別支援学級に在籍してた子が、普通高校に行くのは、多くの子にとって不安があるものです。

今まで受けていた配慮がなかったり、周りが理解してくれている状況とも違ってきます。

そんな不安がある環境の中で、大切なのは、本人が “信頼できる人・場所との繋がり” を持つことになります。

家族や友人、療育先の先生など、安心して話せる存在になります。

・自分を理解してくれる人の存在
心を許して話せる時間

これらは、本人の安心感に繋がります。

安心感は、生活する上での土台になる為、進学前にしっかり作っておく必要があります。

④:本人の「捉え方」

普通高校に行くことで、今まで当たり前に受けていた配慮(周囲の理解)は、得にくくなります。

そんな環境ですと、本人の中で、

「上手くいかなかったこと」
(他の子と同じ様にできなかった)

「自分と周りの子との違い」

などを感じやすくなります。

ただ、違いは誰にでもあって、その違いが、特別支援学級に通う子は、特に大きいことが多いです。

「自分は自分」「人は人」と分けて考えられるかは、本人自身を守る上で、大切な要素になります。

「自分はダメだ」「周りの子よりできない」など、ネガティブに捉える子ですと、高校生活が辛くなり、二次障害などに繋がる恐れがあります。

⑤:「周りに頼る」スキル

誰でも少なからず、高校生活やこの先の生活で困ることはあります。

そんな時に、一人で抱え込まず、周りの人に頼れる力(ヘルプ要求)が大切になります。

・困ってることを人に伝えられる
・人に手伝ってもらう
・人に教えてもらう

このように、周りに頼るスキルは、高校生活に限らず、生きてく上で、ずっと必要になるスキルになります。

特別支援学級の子が高校受験する時の注意点

特別支援学級の子が高校受験する時の注意点をお伝えします。

注意点は、公立の普通高校の受験が厳しくなる点になります。

特別支援学級の多くは、内申点がつかない(低い)です。その為、内申点の影響を受ける公立高校の受験が難しくなります。

ただ、学校や地域によって変わる可能性がある為、在籍校に確認することが一番になります。

【関連記事】

【特別支援学級の高校ないって本当?】中学支援級からの進路・対策

特別支援学級に通う子が「備えたいこと

ここでは、特別支援学級に通う子が

「備えたいことをお伝えします。

というのも、支援学級を検討される子の中には、学習面の困難さを抱えてる子が一定数いる為、進路の選択肢などに影響が出てきます。

将来の選択肢を1つでも多く持つ為に、早い段階で、お子さんに合わせた学習フォローが必要になってきます。

学習フォローの大切なポイントは、2つになります。

・早い段階で、本人に合う学習法を見つける
・学習の成功体験を積む


特性ある子の場合、通常の学習方法では、理解や定着が難しかったり、記憶することに時間がかかることがあります。

そのため、本人の特性に合った学び方で、学習を進める必要があります。

本人に合わない学習を続けても、頑張りに見合う成果が出なかったり「頑張ったのにできなかった」という本人の失敗体験になり、学習のモチベーションが下がります。

そうなる前の段階で、本人に合った学習方法を見つけておく必要があります。

本人の特性に合った学習方法を見つけ、成功体験を重ね、学習意欲を高めることで、必要な学習時間を確保することができます。

学習法(本人に合う)で実践⇨成功体験⇨学習意欲が高まる⇨学習時間が増える⇨成功体験…

このような流れは、学習のモチベーションを上げると同時に、本人の自己肯定感の向上に繋がります。

学習面のフォローは「タブレット学習」

特性ある子の学ぶ方法の1つとして、タブレット学習があります。

タブレット学習が良い理由としては、

・自分のペースで進められる
(在籍校にも合わせられる)

・個人の学習課題の分析
(AIで学習課題の選定)

・特性に合わせた解説
(ex.アニメーション/音声)

・ゲーム感覚でできる
(苦手意識がある子向け)

など、発達障害などの特性に考慮されたタブレット学習になります。

家庭学習に限界を感じていたり、お子さんの特性に合う塾が見つからない、などのお困りがある方にとって、心強い味方になってくれます。

タブレット学習の、その他のメリット・デメリットなど、詳細は、下の記事をご覧ください。

“グレーゾーン” や “未診断の子” にも、共通する内容になっています。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良い タブレット学習

「【特別支援学級から普通高校に行くには何が必要?】5つのポイント・注意点」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



特別支援学級から普通高校に行く為の
 「5つのポイント」

・本人の自己選択
・自己認知と対処法
・信頼できる繋がり・居場所
・本人の捉え方
・周りに頼るスキル

特別支援学級の子が
 「高校受験する時の注意点
・公立高校の受験が厳しい
・在籍校に確認する

特別支援学級に通う子が
 「備えたいこと

・本人に合う学習方法の把握
・学習の成功体験を積む
・タブレット学習


以上になります。

本記事がお役に立てば、幸いです。

【関連記事】

【発達障害の子の勉強】スムーズになる4つの対処法

【ADHDの中学生】特性から考える 7つの勉強法

-学級・進路

執筆者:


  1. […] 【特別支援学級から普通高校に行くには何が必要?】5つのポイント・注意点 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【支援学級はどんな子が通う?】子どもの2つの特徴・メリット・デメリット

子どもの学級で悩まれてる方「支援学級はどんな子が通うの?支援学級に通わせた方がいいのか迷ってる。支援級のメリット・デメリットが知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内 …

【特別支援学級から普通学級】デメリットはある?判断する基準を説明します

子どもの学級について悩まれてる方「特別支援学級から普通学級に移籍はできるの?デメリットはあるの?移籍する時の判断基準が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &# …

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

学級選びで悩まれてる方「発達障害の子は、普通学級でも平気?通級や支援級じゃないとダメ?他の人がどうしてるのか、事例が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x …

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

特別支援学級の子どもへの説明の仕方について知りたい方「特別支援学級について、子どもにどう説明すればいい?良い伝え方が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x …

【普通級から支援級へ】どんな子が?どんな流れで?よくある4つの事例を紹介

学級選びで悩まれてる方「普通級から支援級に行く子はどんな特徴がある?どんな流れでいくもの?支援級へ移る目安はある?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅ …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/16

【発達障害の子におすすめ】感覚遊び19選~遊ぶ時に大切な3つのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/13

【欠席理由はどう伝える?】不登校の欠席連絡・電話が辛い時の対策とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/06/24

【療育支援員が紹介】家庭療育グッズ30選!使う時の2つのポイントとは

2023/05/16

【療育支援員が紹介】ADHDの子におすすめクッション5選!効果的な使い方も解説

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2023/02/16

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/27

【不登校の子は勉強追いつくの?】学習支援でも実践してる6つの勉強法

2022/01/12

【2023年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/24

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選~遊ぶ時の3つのポイント~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2023/09/05

【発達相談員が紹介】言葉の発達を促す遊び21選!言葉を増やす3つのポイント

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【自閉症の子向け】人と楽しめる!おすすめゲーム7選!療育指導員が紹介