不登校

【不登校の子ども】何が正解なの?望ましい声かけ/避けたい声かけとは

投稿日:

子どもの不登校で悩まれている方「不登校の子どもに、どう声かけしていいか分からない。不登校の子に合った声かけが知りたい」

このようなお悩みに、お答えします。

☑本記事の内容



望ましい声かけ


朝の声かけ


夕方の声かけ


・夜の声かけ


・避けたいの声かけ


不登校の子どもに、親としてどう声かけすべきか、難しい問題かと思います。

この記事を執筆している私は、発達・相談支援を11年以上しています。その中には、不登校のお子さんも多くいらっしゃいました。

その経験を通して、本記事では「不登校の子への望ましい声かけ、避けたい声かけ、朝/夕方/夜の場面ごとの声かけ」にまとめてみました。

本記事が、参考になれば幸いです。

望ましい声かけ

✍共感する

具体的な声かけ:「○○を頑張ったんだよね」「○○は大変だよねぇ。お母さんもそうだったなぁ」

不登校は、孤独で、同学年の子ができてることが自分ができないことなど、辛い思いをしやすいです。

そのような苦しさ、寂しさ、もどかしさに共感し、受け止めることが大切になります。

もし共感が難しい内容の場合は、「○○だと思ったんだね」と、お子さん本人の気持ちを代弁することも、効果的です。

「自分のことを理解してくれている」という思いから、心を開いたり、前に進む活力が生まれやすくなります。

✍尊重する

具体的な声かけ:「○○やりたいんだね。じゃあどうすればできるか、一緒に考えようか」

不登校になると、テストやグループ活動など、さまざまな「挑戦する機会」が減ります。

不登校によって自信喪失する子も多いので、余計に「何かをしよう・始めよう」という気持ちは起きにくくなります。

だからこそ、本人が何か意思を表明した時には、周りもそれをサポートすることが大切になります。

「これをやってみたい」「あれを始めたい」子どもが何か意思を伝えてくれた時には、尊重し、「やるにはどうすればいいのか?」を考えるようにしましょう。

✍自分で決めてもらう(選んでもらう)

具体的な声かけ:「○○はどうする?」「○○と△△どっちがいい?」

不登校の子は、「学校なんて嫌だ」「○○なんてやりたくない」と、強い拒否感を持っていることが多いです。

そのため、大人だけで決めたことは、本人は納得感や必要性を感じづらく、「勝手に決められた、本当はやりたくない」などネガティブな気持ちが強まり、逆効果になります。

それらを避けるため、自分で決められるような声かけが大切になります。自分で決めることが難しい場合は、選択肢を伝え、選んでもらうのをお勧めします。

✍肯定語を使う

具体的な声かけ:「○○までできたね。ここは惜しい!こっちだともっと上手くできるよ」。

不登校の子は、周囲の子ができていることが、自分にはできていないと感じ、「自分なんてダメなんだ」と、自己肯定感が下がっています。

そのため、否定されることに敏感であったり、他の子よりも物事を、ネガティブに捉えやすいです。

声かけの表現を肯定的にするだけで、同じ内容でも聞き入りやすくなります(私たち大人も同じですね)。

朝の声かけ

✍起床の声かけ

具体的な声かけ:「○時だよ」⇨「○時○分になったよ」。

「具体的な時間」で伝えましょう。起きたがらない様子がある場合は、無理やり起こすのは避けましょう。拒否感が強まり、悪化します。

また不登校の子は、昼夜逆転して生活リズムが乱れている場合もあります。その場合は、起きたくても起きられない場合もあります。


✍登校の確認は、子どもによる

五月雨登校、別室登校をしている場合は、登校の確認をしても大丈夫です。もし心配な場合は、本人に確認するのも1つです。

確認することが嫌がる場合は、どういう方法なら良いのか話し合いをすることが望ましいです。

不登校が長期化していて、登校が難しいのが分かっている場合は、登校の確認は控えましょう。理由は、プレッシャーになり、本人に負担をかけるためになります。

✍学校への連絡は毎日するべきか

学校や担任により、変わります。個人的には、学校に相談し、連絡を取り方/ペースを決め手おけると良いです。

学校に行けない可能性が高くて毎日学校に連絡するのは、親御さんにとって、精神的な負担になる為です。

親御さんが負担になり過ぎないよう、学校への連絡は、毎日にならないように相談してみましょう。

夕方の声かけ

✍担任の先生からの連絡

お子さん本人が嫌がる場合は、頻度を週1回程度などに調整することが、良いでしょう。

担任の先生と親がコソコソ話すことがを快く思わない場合があります。

ストレスやプレッシャーになることもあるため、お子さんの気持ちを確認することが必要になります。

電話が必要な理由を伝え、お子さん本人の気持ちを確認する時間を、作りましょう。

✍友達からの欠席の手紙

友達からの手紙も、お子さんが喜ぶなら良いですが、プレッシャーになっていたり、無理をするキッカケになっていれば、控えたほうが良いです。

学校に行かなきゃと思っていても行けない状態で、友達から「毎日まっているよ」「早く良くなってね」という手紙がきたら、逆に負担が大きくなることもあります。

「担任の先生からの連絡」と同じで、お子さん本人の気持ちを確認しましょう。

夜の声かけ

✍明日の学校について

前日に「明日は学校どうするの?」と聞くことは、避けたほうが良いでしょう。

お子さん本人も、学校に行った方がいいことは分かっていて、それでも行けないことに苦しんでいます。

学校の前日は、お子さんにとって緊張したり、無意識にプレッシャーを感じやすくなります。

そのときに、翌日の学校のことを聞くのは、不安を強めてしまう可能性が高まります。

親御さんの立場としては、事前に聞けると安心しますし、「行ってほしい」という気持ちもあると思うので、聞きたくなるのは、よくわかります。

ただ、ここで一番大切なのは、お子さん本人の気持ちになります。なるべくストレスをかけずに、本人の意思を確認/尊重する関わりが大切になります。

避けたいの声かけ

✍否定する

具体的な声かけ:「○○はダメ」「○○できてないじゃない」

誰でも否定されると、自信を失いますし、やる気がなくなります。不登校の子なら尚更です。

「否定する」というのは、不登校の子にとって、なにかをやろうとする活力を削る声かけになります。

✍命令する

具体的な声かけ:「○○やりなさい」「いい加減学校に行きなさい」

命令されて、気持ちよく行動できる子は、ほとんどいないでしょう。

不登校の子には「尊重してもらう、自分で決める」が大切になります。命令することは、これらの機会を奪ってしまいます。

✍質問攻めにする

具体的な声かけ:「なんで○○やってないの?時間あったよね?何してたの?」

質問攻めは、無意識にやってしまうこともあると思います。ただお子さん本人にとっては、責められている感覚になります。

「【不登校の子ども】何が正解なの?望ましい声かけ/避けたい声かけとは」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



【望ましい声かけ】
・共感する
・尊重する
・自分で決めてもらう
・肯定語を使う


【朝の声かけ】
・登校の状況により、声かけを変える


【夕方の声かけ】
・子どもが望んでいるか
・家族や友達の負担も考える


【夜の声かけ】
・自分が安心したいための声かけになっていないか注意する


【避けたいの声かけ】
・否定する
・命令する
・質問攻めにする


以上になります。

本記事が、参考になれば幸いです。


【関連記事】

【不登校は家庭環境の問題?】原因/対策/相談先を説明します


【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

-不登校

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【不登校は家庭環境の問題?】原因/対策/相談先を説明します

子どもの不登校で悩まれている方「子どもの不登校の原因は家庭環境って本当?家庭環境のどこを変えればいいのか知りたい」 このような疑問/お悩みに、お答えします。 ☑本記事の内容 ・不登校の原 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/05/02

【子供の偏食】食わず嫌いとは違う!原因別に10個の対処法を説明します

2021/04/26

【普通学級にこだわる】我が子の障害受容ができないと起こる、2つの問題

2021/04/21

【不登校の子ども】何が正解なの?望ましい声かけ/避けたい声かけとは

2021/04/13

【発達障害】幼稚園から指摘された時、親はどうするべき?2つの考え方とやるべきこと

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/25

【5歳児のわがままは、これで解決!】4つのしつこい原因とその対処法

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例/注意点あり

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/28

【癇癪持ちの夫】我慢は解決方法ではない!4つの原因と妻の接し方とは

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/30

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説!

2020/11/25

【家庭学習の天神とは】発達障害の子にオススメって本当?内容/料金/効果/口コミ/退会まで解説!

2020/11/20

【リベルタサッカースクール】入会~退会/料金/内容について解説します!

2020/07/29

【幼稚園のトラブル】子どもの他害とは。4つの原因と対処法を解説します

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/07/09

自閉症スペクトラムの子供は笑わない?主な症状とは【月齢別で解説します】

2020/07/02

【落ちた人も多い?】特別児童扶養手当とは。金額/条件/申込方法を解説

2020/06/24

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/17

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

2020/06/15

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/28

自閉症を描くオススメ映画17選【感動邦画~アクション洋画まで!】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/18

自閉症スペクトラムの子供の親が読むべき本【プロが選ぶ厳選5冊】

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/05

【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの漫画【厳選3冊】

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【ADHDの子どもの親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/29

【不登校は家庭環境の問題?】原因/対策/相談先を説明します