二次障害

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説!

投稿日:2020年11月30日 更新日:

子どもの二次障害が心配な方へ「子どもが二次障害にならないか心配。もしかしたら二次障害になりかけてるかも・・何をしてあげるべきか知りたい」

こういった不安、疑問にお答えします!

本記事の内容

  • 発達障害とは


  • 発達障害の子の二次障害とは


  • 発達障害の子の二次障害の原因


  • 発達障害の子の二次障害の予防法


  • 発達障害の子の二次障害の対処法


  • 二次障害の相談先

「子どもが二次障害にならないか不安‥。」

「子どもが、二次障害になりかけてる‥どう接すればいいのか、分からない」

二次障害になるお子さんが、今増えています。

この記事を執筆している私は、療育セラピストを10年以上しており、これまで1,200人以上の発達障害/二次障害のお子さんと、その親御さんを支援してきました。

その支援経験を元に、本記事では、発達障害のお子さんの二次障害に関する「原因/種類/時期/予防法/対処法/注意点/相談先」をまとめました。

発達障害と違い、正しい知識と対処法ができれば、二次障害は防ぐことができます。本記事が、お役に立てれば幸いです!

発達障害とは

発達障害とは、生まれつきの気質に近いもの(先天的な脳の特徴になります。

✍発達障害は、大きく3つに分類される

図のように、自閉症スペクトラム(ASD)、ADHD(注意欠陥多動性)、学習障害(LD)があり、そこに知的障害も加わっていきます。

図のように重なっている部分があり、同じ障害名でも、特徴は一人一人異なります。自閉症スペクトラムとADHDの両方の特性があっても、どちらの特性が強く出るなど、個人差があります。

また同じADHDでも、多動性が高い、不注意傾向だけある、など様々です。

【関連記事】

自閉症スペクトラムの子供の割合ってどれくらい?【男子は5倍多い】

発達障害の子の二次障害とは

発達障害のお子さんの二次障害とは、「発達障害の特性が原因による、失敗体験の積み重ねから新たに生まれる困り」のことをいいます。

二次障害には、2つのタイプがあります。

  • 1:内在タイプ


  • 2:外在タイプ


1:内在タイプ

二次障害による問題行動が、自分(内側)に向くタイプです。

自分に苛立ち/不安を感じ、精神的に自分を追い詰めてしまう傾向にあります。

1-1:抑うつ

  • 鬱に近づいている状態
  • 鬱の一部の症状が持続している
  • 気分が落ち込む/憂鬱になりやすい

1-2:引きこもり

  • 自宅/自室に引きこもる
  • 外出はほとんどしない

1-3:過度な不安

  • 環境の変化に過敏
  • 新しい場所/人への不安が強い
  • 新しいことへの拒否感が強い

1-4:依存症

  • ゲーム/スマホ/ネット依存
  • やめたくてもやめられない状態

【関連記事】

不登校のADHDの子供に必要な12の接し方【相談先も解説】

2:外在タイプ

二次障害による問題行動が、周囲(外)に出るタイプです。

こちらも1つずつ見ていきましょう!

2-1:暴言/暴力

  • 家庭内で多い(外では出にくい)
  • 攻撃/威圧的な言動
  • 反抗挑戦性障害を診断されることあり

2-2:非行

  • 暴力/家出など
  • 思春期以降に多い

【関連記事】

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の癇癪を減らす3つの方法

発達障害の子の二次障害の原因

「二次障害」は、定型発達の子(発達障害でない子)でもなります。

ただ発達障害の子の方が、二次障害になる確率が高いです。発達障害の特性は、日常生活に困りに繋がることが多く、二次障害のキッカケになりやすい為です。

二次障害の原因の多くは、周囲の無理解/失敗体験の積み重ね/支援不足などです。逆にいうと、ここを避けることで、二次障害を防げる可能性が高まります。

発達障害の子の二次障害の原因は、主に5つあります。

  • その①:家族の障害受容の拒否


  • その②:支援不足


  • その③:学習の遅れ


  • その④:友達関係


  • その⑤:親の発達障害

1つずつ見ていきましょう!

その①:家族の障害受容の拒否

家族がお子さんの障害(特性)を受け入れない。必要な支援を受けない、お子さんに合わない環境を進路として選びげ、辛い経験をさせてしまう状態になります。


よくあるのは、障害のレッテルが嫌だから、療育は受けない/特別支援級にはいかない、などです。

家族の理解がないと、必要な支援を受ける(二次障害を防ぐ)ことはできません。まずは「ご家族の受け入れ」が、スタート地点になります。

その②:支援不足

周囲の無理解から、お子さんに必要なサポートや配慮が足りない状態が続くことです。

支援がない→お子さんの失敗体験(叱責/自己肯定感下がる)になります。

その③:学習の遅れ

授業についていけず、学習が辛くなっていきます。小学校低学年~中学年のお子さんが多いです。

その④:友達関係

共通の話題のなさ(興味の偏り)、コミュニケーションの難しさ(一方的に話す/相手の気持ちが分からない)から、良い友達関係を作りづらく、孤立することが多くなります。

暗黙のルールなどの理解が難しいと、一緒に遊べるものも少なくなります。


【関連記事】

ADHDの子供は友達がいない?【結論:他の子よりできづらい】

その⑤:親の発達障害

発達障害の親御さんが、一因になる場合があります。特に父親が発達障害(ADHD/自閉症スペクトラム傾向)のケースが多いです。

お子さんの困りを、親御さんが極端に捉え、お子さんに誤った関わり/難しいことを求めてしまうことです。

また支援者の助言が伝わりきらず、お子さんに必要な関わりを実践することが難しい場合があります(支援者側の努力も必須ですが・・)。

また父親が「自分も小さい頃は同じだったけど、今は生活できてるから何とかなる」と思われ、支援に消極的なことも多いです。この考え方も、間接的な二次障害の要因の1つになりえます。


【関連記事】

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

✍二次障害になりやすい時期

小学校高学年以降が、多いです。お子さんは、小学校3~4年生頃から自分のことを俯瞰してみはじめます。周囲のとの違いに気付き、傷つきやすくなる時期です。

また学習内容も難しくなる為、学校でのつまづきも多くなりやすいです。こういった様々な要因、思春期の難しさが重なり、二次障害になりやすいのです。

発達障害の子の二次障害の予防法

「二次障害」は周囲の関わり方によって、防ぐことができる障害です。予防法/対処法に分けて説明していきます!

1:特性の理解

お子さん、ご家族、周囲の方が、特性の理解をすることです。得意なこと/苦手なことを把握することが大切です。


【関連記事】

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの症状と7つの対応法

2:特性の活かし方を知る

特性を踏まえた上で、具体的にどう行動すればいいのか、を把握することです。これはお子さんも周囲の方もできると良いです。

例えば、口頭だけだと忘れやすいけど、視覚的に残せばできるお子さんの場合、「やることをチェックリストにして、できたら印をつける」をやるなどです。


【関連記事】

自閉症スペクトラムの子供の症状とは?【4つの特徴と7つの接し方】

3:ペアレントトレーニング

お子さんに関わる上で、大切な視点/知識/声の掛け方を、学ぶことができる親向けの療育です。

詳細は、こちらをご覧ください!


【関連記事】

【ADHDの子供の親向け】ペアレントトレーニングとは【種類/費用/内容など概要を説明します】※ADHD以外のお子さんも参考になります。

4:「できたこと」を褒める

問題となる部分でなく、「できていること、できるようになったこと」を見つけ、褒めてあげましょう。

二次障害のお子さんは、失敗体験が多く、自己肯定感が低いです。自己肯定感は、お子さんの原動力です。ポジティブな関わりが、原動力を生み、必要な行動を起こすことに繋がります。


【関連記事】

ADHDの子供の5つの褒め方【療育指導員の接し方を解説します!】

5:家庭/学校で統一した関わり

ご家族/学校でお子さんに関わる上で、スタンスをすり合わせしておきましょう。お子さんが頑張る/休んでいい部分、など共通認識を持って関わっていきましょう。

また通級や支援級など、学校の個別配慮のサポートも活用するのも1つです。

【関連記事】

ADHDの子供に必要な4つの小学校の選択肢とは【メリット~注意点まで解説します!】※ADHD以外の発達障害の子にも共通した内容になります。

発達障害の子の二次障害の対処法

もし二次障害になりかけていたら、予防法にプラスして、これから詳細する配慮が必要になります。

二次障害のお子さんと接する上で大切なことは、原則「自己肯定感が上がる機会を作る」「ストレスの元を減らす」の2つです。具体的な対処法は、これから解説していきます。

1:安心できる「人/場所/時間」を作る

お子さんが安心できる要素を作ることです。例えば「楽しめる習い事(居場所)」、「家族や親戚など安心できる人と過ごす」、「好きなマラソンをする」などです。

2:家での役割を任せる

家での役割を任せましょう。お風呂掃除でも買い物でも、何でも大丈夫です。そしてお子さんができたら、褒めたり、感謝の言葉を伝えましょう。二次障害の子は、自己肯定感が低いです。

「自分なんて何やってもダメだ」と思っています。「人の役に立った!今日は○○ができた!」と、実感できる機会を作ることが大切になります。

3:ストレスの元を極力減らす

お子さんのストレス(二次障害に関連すること)は、なるべく減らしましょう。例えば、不登校になり、学校自体がストレスになっているお子さんに、

「○○すれば学校行けるんじゃない?」「学校いつからいけそう?」「今日学校の先生と話をしてきたよ」と声を掛けることです。これは、二次障害の悪化に繋がるため、避ける必要があります。

✍注意点

二次障害のお子さん(思春期)は、「お子さん自身が決める」機会を作りましょう。大事なのは、お子さんの「納得感、必要性、やりたいを思えている、できるイメージが持てる」です。

ここをスキップして、周囲の大人だけで決めても、意味がありません。お子さんの気持ちがないと、続かず中身のないものになります。ご家族の頑張りが無駄になるのも、勿体ないですよね。お子さんに決めていただくコミュニケーションをとっていきましょう。

子供の二次障害の相談先

発達障害のお子さんの相談先は、下の4つになります。

  • 保健センター


  • 子育て支援センター


  • 児童相談所


  • 発達障害者支援センター

お住いの地域の相談窓口になり、お子さんの発達や二次障害など、育児に関わる全般の相談が、電話で無料相談ができます。必要な方は、下の記事を参考にしてください!

【関連情報】

自閉症スペクトラムの子供の相談先とは【種類/方法/注意点を解説】


かなり混み合っていますが、繋がれる機関を紹介してもらえることもあります。鬱/無気力に近い症状のお子さんは、医療機関に繋がる必要もあります。その場合は小児精神科のクリニックに相談することも1つです。

【参考】小児精神科 一覧

「【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説!」のまとめ

記事のポイントをまとめます 。

  • 【発達障害とは】
    ・生まれつきの気質に近いもの


  • 発達障害の子の二次障害とは】
    ・障害特性がキッカケの新たな困り


  • 内在タイプ】
    ・行動が自分に向く
    ・抑うつ
    ・引きこもり
    ・過度な不安
    ・依存症


  • 外在タイプ】
    ・行動が周囲に向く
    ・暴言/暴力
    ・非行


  • 発達障害の子の二次障害の原因】
    ・家族の障害受容の拒否
    ・支援不足
    ・学習の遅れ
    ・友達関係
    ・親の発達障害


  • 二次障害の予防法】
    ・特性の理解
    ・特性の活かし方を知る
    ・ペアレントトレーニング
    ・「できたこと」を褒める
    ・家庭/学校で統一した関わり


  • 二次障害の対処法】
    ・安心できる「人/場所/時間」を作る
    ・家での役割を任せる
    ・ストレスの元を極力減らす

  • 子供の発達/二次障害の相談先】
    ・保健センター
    ・子育て支援センター
    ・児童相談所
    ・発達障害者支援センター

以上になります。

本記事の関連記事が、お役に立てれば幸いです!


【関連記事】

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

【家庭でできる!】自閉症スペクトラムの子供ができる9つの勉強法

-二次障害

執筆者:


  1. […] 【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説! […]

  2. […] 【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説! […]

  3. […] 【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

子供の発達と二次障害が心配な方へ「子供の発達が気になる・・二次障害にならないか心配。少し二次障害になりかけてる・・何をすべきか知りたい」 こういった不安、疑問にお答えします。 ✓本記事の内容 発達障害 …

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

ADHDの子供の二次障害が心配な方へ「子供が二次障害にならないか心配。二次障害って具体的にどんなもの?二次障害にならないために、できることを知りたい」 こういった不安、疑問にお答えします。 ✓本記事の …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?