発達マップ

発達が気になる子の「子育て・保育・教育」に役立つ情報をお届けします

本・おもちゃ

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

投稿日:2020年5月1日 更新日:

子どもに合う絵本を探してる「発達障害の子に合う絵本ってあるのかな。おすすめの絵本を教えてほしい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



発達障害の子に「オススメな絵本」


✅絵本で「身につくスキル」


✅読み聞かせの「工夫ポイント」


「子どもが絵本に興味を持たない…少しでも興味が持てる絵本ってないかな…」

お子さんに絵本に興味を持ってほしい・楽しんでほしいという想いは、

親であれば、1度は持ったことがある方も多いかと思います。

この記事を執筆している私は、発達相談員を10年以上していて、発達障害の子・親御さんの支援をしてきました。

その支援経験を元に、本記事で下記をまとめました。

「発達障害の子におすすめな絵本・身につくスキル・読み聞かせの工夫」

絵本の紹介だけではなく、お子さんが興味がもちやすい(集中が続きやすい)読み聞かせの方法も紹介します。

本記事が参考になれば、幸いです。

発達障害の子に「オススメな絵本」

発達障害の子に「オススメな絵本」を10冊紹介していきます。

①:だるまさんシリーズ

  • 絵、内容がシンプル
  • 変化が多く、興味を引きやすい
  • テンポが良く、集中が切れづらい

②:きんぎょがにげた

  • 各ページの「きんぎょ」を探す本
  • 探すのが楽しめる子におすすめ
  • 夢中で探す=集中力が保ちやすい
  • 読み聞かせが苦手な方も使いやすい

③:もこもこもこ

  • イラストがシンプル
  • 擬音が多くマネ(音の)を促しやすい
  • 繰り返す音が多い為、発声の練習になる ※繰り返す音は出しやすい為

④:かくしたのだあれ

  • 1~10の数字を探す本
  • 読み手も一緒に参加しやすく、親子で楽しみやすい
  • 集中力の持続の練習になる
    (よく探さないと見つからない為)

⑤:ひとりでうんちできるかな

  • 排泄の意識付けができる
  • 1Pに1キャラクターとシンプル構成
  • 一定のパターンが好きな子におすすめ

⑥:いないいないばあ あそび

  • マネ(動作・発声)の促しができる
  • 一定のリズムで進むので、集中が切れづらい

⑦:じゃあじゃあびりびり

  • 効果音だけで楽しめる
  • 発声を促したい子におすすめ
  • 声を出す楽しみを感じやすい
  • 音のマネ(音声模倣)の促しができる

⑧:はらぺこあおむし

  • 歌・手遊びに興味を引きやすい
  • マネ(言葉・動作)の促しができる
  • 園の活動にも参加しやすくなる

⑨:どうぶつだあれ?

  • クイズ形式で読める為、参加しやすい
  • 注視(1箇所に注意を向け続ける)の促しができる

⑩:ねんねのじかんねてるこだあれ?

  • クイズにしてて一緒に参加しやすい
  • 受け答えの練習ができる
    (ex.布団の中に誰がいる?⇨答える)

低年齢向けの絵本が中心になりますが、

興味を引いて集中してもらう為には、下の3つが大切になります。

展開の早さ
・変化の多さ
・シンプルさ


その要素が集まった絵本となると、低年齢向けの本が多くなります。

一番大切なのは、

『お子さんが楽しく聞くことができるか』

という点になります。

お子さんによって、発達段階・特性・興味の幅は違いますので、答えはありませんが、

絵本選びの目安として、参考になれば幸いです。

絵本で「身につくスキル」

ここでは、絵本で「身につくスキル」について、触れていきたいと思います。

ここを把握しているだけで、絵本の読み聞かせの効果が変わってきます。

絵本は、何となく読んで楽しむことが多いと思いますが、

発達障害のお子さんにとって絵本とは、

“スキルを楽しみながら身につけられる方法”

にもなります。

絵本で身につけられる、2つのスキルを見ていきましょう。



①:集中力

②:待つスキル


1つずつ、見ていきましょう。

①:集中力

集中力とは、注意のコントロール力ともいいます。

特に集団生活では、相手に注意向ける・向け続けることが、必要になります。

例えば…

・話し始めた先生に注意を向ける
(注意の切り替え)

・先生の説明を最後まで聞く
(注意の持続)

など、色んな場面で必要になります。

ここでは、大きく4つに分けて見ていきたいと思います。

  • 「見る」力
    (目の前のものに注意を向ける)

  • 「聞く」力
    (音に注意を向ける)

  • 「聞く」を持続させる力
    (音に注意を向け続ける)

  • 「見る」を持続させる力
    (注意を向け続ける)

発達障害の子の中には、このような注意のコントロールが苦手な場合が多い為、

学べる機会があると、過ごしやすさに繋がりやすいです。

その学びの機会の1つが、


“絵本の読み聞かせ” になります。

②:待つスキル

発達障害の子は、待つことが苦手なことがあります。

ただ集団生活の中では、
「待つ・座って人の話を聞く」機会は多いですよね。

そこで「絵本が終わるまで待つ」が、良い練習の機会になります。

支援の現場では、

・行動のコントロール
・周囲に合わせる力


ともいいます。

集団生活は、一区切りごとが数十分単位で、お子さんによっては、長い時間になります。

先生の話はいつ終わるのか…お子さんにとって見通しが立ちにくく、待ちづらい環境です。

その点、絵本は終わりが明確で、読み手(大人)がコントロールできます。

“頑張って待てるギリギリのライン” で、絵本が読み終えられると、

“お子さんの待つ力” が、身につきやすくなります。

読み聞かせの「工夫ポイント」

読み聞かせの「工夫ポイント」は、3つあります。

これから紹介する内容は、療育の現場でも実践されている内容になります。



①:「聞きやすく」する

②:「注意」を引く

③:終わったら「ほめる」


1つずつ見ていきましょう。

①:「聞きやすく」する

発達障害の子の中には、注意が散りやすく、

1つのものに注意を向け続けることが、苦手なことがあります。

お子さんの特性に配慮し、集中しやすくなるに読むことが、大切になります。

✍ ” 短く ” 区切る

一文が長いと集中が切れやすくなります。

実際の文をそのまま読むのではなく、短く区切っていきましょう。

例えば、「A君とB君が学校に行って、C君とサッカーをしました」という文の場合、

「A君とB君が学校に行きました。そこでC君とサッカーをしました」と、1文ずつ区切って読みます。

長い文章は内容に影響なければ、

読み飛ばすのも、1つです。
(私も現場でよくやります)

✍ ” テンポ良く ” 読む

物語の展開を早くし、リズムを良くする方法になります。

変化がない状態が続くと、注意が切れやすくなります。

同じページを開いてる時間を短くコントロールすることで、上手くいきやすいです。

お子さんによって集中できる時間が様々ですが、

下の様子がお子さんに見られたら、集中が切れるサインになります。

姿勢を何回も直す
体を動かし始める

サインが出たら、次の展開(ページ)に進みましょう。

②:「注意」を引く

発達障害の子の中には、注意が移りやすい子がいます。

動きや変化をつけて読むことで、
絵本に集中しやすくすることができます。

✍ ” 動き ” をつける

なるべく変化をつけ、盛り上がる場面では、本を動かすなど臨場感を出しましょう。

本を前後・上下左右に動かすことで、お子さんの注意を引きやすくなります。

「次は何が起こるんだろう?」と
お子さんに思ってもらえたら、大成功です。

✍ ” 声の強弱・抑揚 ” をつける

物語の展開に合わせて、声の大きさを調整しましょう。

・盛り上がる場面
⇨大きな声

・静かな場面
⇨小さい声

ここを工夫するだけで、音に意識を向けやすくなります。

逆に、注意を引きたい時には、急に声を小さくするなどの方法も、おすすめになります。

✍ ” 効果音 ” をつける

効果音を適度に入れることで、注意が引きやすくなります。

また不定期に入れてパターン化しないことで、集中が切れづらくなります。

もし効果音がない絵本でしたら、読み手の判断でオリジナルで入れてみるのも、1つです。

✍ ” スピードの強弱 ” をつける

緊張感がある注意を引きたい場面で、ゆっくり読むと効果的です。

スピードが早すぎると、聞き漏らしたり、話についていけず、集中が切れる原因になります。

✍” めくり方の強弱 ” をつける

“ただページをめくる” ではなく、下記のように使い分けると、良いと思います。

・一気にめくる
・少しずつめくる
・半分だけめくる

注意を引きたい時は、
“ゆっくりめくり” 、

集中が切れそうな場合は、
“早くめくる” が効果的です。

✍”スキンシップ” を入れる

例えば、くすぐり・息を吹きかける等です。

・主人公が痛い思いをする場面
⇨くすぐる

・風が吹く場面
⇨息を吹きかける

など、工夫次第で色んな楽しむことができます。

夢中になるほど、絵本に集中することができます。

③:終わったら「ほめる」

✍最後まで聞けたら “すぐほめる”

絵本を最後まで読み終えたら、「最後まで絵本聞けたね!」と、ほめてあげましょう。

発達障害の子にとって、最後まで絵本を聞くということは、私たちの想像以上に頑張っていることです。

ほめられれば、
『次の絵本も見たい!最後まで見る!』と、お子さんの成長に繋がりやすいです。

⚠「無理強い」は禁物

これまで紹介させて頂いた工夫をしても、難しい場合は、

絵本を無理に促すのは避けましょう。

無理させることは、お子さんの拒否感・苦手意識を一層強くし、逆効果になります。

お子さんの興味が持てる時期まで、待つことが大切になります。


拒否感が強い子は、みなさんご存知の NHKキッズ(Eテレ) がオススメです。

絵本に興味がない子も、動画でしたら興味を持つキッカケになります。

「【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~」のまとめ

記事のポイントをまとめます 。



発達障害の子におすすめな絵本
・だるまさんシリーズ
・はらぺこあおむし
・もこもこもこ
・ボクはじっとできない
・ひとりでうんちできるかな
・いないいないばあ あそび
・じゃあじゃあびりびり
・はらぺこあおむし
・どうぶつだあれ?
・ねんねのじかんねてるこだあれ?


絵本で身につくスキル
・集中力
・待つスキル


読み聞かせの工夫ポイント
・聞きやすくする
・注意を引く
・終わったら褒める


以上になります。

ぜひ絵本を通して、ご家族の楽しい時間になれば幸いです。


【関連記事】

【療育支援員がおすすめ】発達障害・グレーゾーンが理解できる本~厳選6冊~

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ【厳選23選】

-本・おもちゃ

執筆者:


  1. […] 【療育指導員が厳選】ADHDの子供にオススメな絵本5冊【ADHDが学べる絵本5冊も紹介!】 […]

  2. […] 【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介 […]

  3. […] 【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介 […]

  4. […] 【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【療育指導員がおすすめ】ADHDの子が遊べる・成長できるおもちゃ【12選】

ADHDの子に合うオモチャを探してる方「ADHDの子どもが遊べたり、成長に繋がるおもちゃを教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅ADHDの子 …

【療育支援員がおすすめ】発達障害・グレーゾーンが理解できる本~厳選6冊~

発達障害・グレーゾーンの子の理解を深めたい方「発達障害・グレーゾーンの子への理解・関わり方が知りたい。おすすめな本を教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 & …

【支援者が選ぶ厳選5冊】自閉症スペクトラムの子の親に読んでほしい本

育児で悩まれている方「自閉症スペクトラムについて基礎知識、子どもへの接し方を学びたい。おすすめな本を知りたい」 このようなご要望に、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅本を選 …

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ【厳選26選】

自閉症の子のオモチャ選びで悩まれてる方「子どもの成長に繋がる・楽しく遊べるオモチャが知りたい。おすすめのオモチャを教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &# …

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

ADHDの子の関わりを知りたい方「ADHDの子どもを理解してあげたい。育児に役立つ本が知りたい。おすすめの本を教えてほしい 」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2022/05/12

【療育指導員がおすすめ】ADHDの子が遊べる・成長できるおもちゃ【12選】

2022/05/09

【療育指導員がおすすめ】療育の現場でよく使うおもちゃ【厳選22選】

2022/04/25

【不登校ですっと寝てる子】3つの原因・対処法を解説。3つの注意点あり

2022/04/12

【発達支援員が解説】週何回?療育の頻度と期間とは。目的と通い方で変わる

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/24

【発達障害を理由に習い事を断られたら?】3つの対処法・2つの注意点

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/03/08

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめなドリルとは?選び方・注意点も解説

2022/02/08

【乗れてきた!楽しい!が大切】発達性協調運動障害の子の自転車の練習方法

2022/02/03

【親も子もイライラ】発達障害の子の勉強がスムーズになる4つの対処法

2022/01/27

【不登校の子は勉強追いつくの?】学習支援でも実践してる6つの勉強法

2022/01/12

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良いタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/12/16

【療育支援員が解説】すららの発達障害の子の評判は?オススメな子の特徴・理由・注意点

2021/12/09

【療育支援員が解説】リタリコワンダーは発達障害の子に合う?オススメな子の特徴・理由・注意点

2021/11/19

【跳べた!の成功体験が鍵】発達性協調運動障害の子の縄跳びの練習方法

2021/11/11

【ピアノは効果あり?】発達性協調運動障害の子への効果とは。注意点も解説

2021/11/05

【習い事でふざける子は発達障害?】5つの理由・対処法・習い事の選び方

2021/10/22

【療育で追いついた?】療育で成果が出るポイント、成功・失敗事例を紹介

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/10/15

【支援学級にいじめはある?】100名以上の子から見える”現状”とは

2021/10/12

【特別支援学級から普通学級】デメリットはある?判断する基準を説明します

2021/07/27

【不安が強い子供】今日から始められる!2つの原因と8つの対処法とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/07/12

【子供の習い事】自信をつけさせる習い事の選び方。3つのポイントと注意点

2021/07/08

【授業参観の感想の例文】たった1つ!書き方のコツとは?注意点もあり

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/23

【物の管理】子供が物をなくすのにイライラ!3つの原因と対処法について

2021/06/18

【集中力は環境作りから!】発達障害の子におすすめな椅子2選!※選ぶ時の注意点あり

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/06/09

【子供の心理】しつこい原因は何?「3つの原因」の対処法を説明します

2021/06/04

【発達性協調運動障害】運動が苦手な子どもに合う習い事とは。選ぶポイントも説明します

2021/06/02

【不登校】兄弟が受けやすい3つの影響とは。対策、逆効果な接し方も説明します

2021/05/31

【中学生の進路】勉強できない子の将来はどうなる?3つの進路と対策とは

2021/05/11

【障害児の学級選び】普通学級は親のエゴ?子どもに合った学級選びとは

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/05/02

【子供の偏食】食わず嫌いとは違う!原因別に10個の対処法を説明します

2021/04/26

【普通学級にこだわる】我が子の障害受容ができないと起こる、2つの問題

2021/04/13

【発達障害】幼稚園から指摘された時、親はどうするべき?2つの考え方とやるべきこと

2021/03/19

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

2021/03/11

【通級は効果がない?】通級指導教室を徹底解説!内容から判定基準まで

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/02/08

【ママパパ必見】子どもに見せたい教育映画!おすすめ10選!

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/28

【癇癪持ちの夫】我慢は解決方法ではない!4つの原因と妻の接し方とは

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/30

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説します

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/11/20

【リベルタサッカースクール】入会~退会/料金/内容について解説します!

2020/11/09

【グレーゾーンの子供に合う習い事はある?】3つのポイント/注意点

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/07/02

【落ちた人も多い?】特別児童扶養手当とは。金額/条件/申込方法を解説

2020/06/24

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/17

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

2020/06/15

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ【厳選26選】

2020/05/28

【自閉症を描くオススメ映画17選】感動邦画~アクション洋画まで紹介

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/18

【支援者が選ぶ厳選5冊】自閉症スペクトラムの子の親に読んでほしい本

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/30

【ADHDの子ども向けサッカースクール】選び方を解説。発達障害の子は、リベルタサッカースクールがおすすめ

2020/04/27

ADHDの子供にオススメ!4つの絵カード【家でできる活用法も解説】

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2020/03/27

【通所受給者証のデメリット】3つの注意点・メリット・申請方法を解説

2022/05/20

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめの絵本・読み聞かせのコツ

2022/05/03

【通塾生に聞いた!】リタリコワンダーの評判とは?良い・悪い口コミを紹介