ADHD

【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】

投稿日:2020年3月31日 更新日:

ADHDの子供の親「ADHDの子供のことを本で理解したい。必要な知識や関わり方を学びたい。おすすめの本って何だろう? 」

こういった要望、疑問にお答えします。

✓本記事の内容

  • ADHDの子どもの親に本がオススメな3つの理由

  • ADHDの子供の親にオススメな本5冊

  • 本のオススメな8つの活用方法

この記事を執筆している私は、療育セラピストを10年しています。

今まで1000人以上の子供と、その親を支援してきました。

また息子が発達障害の診断を受けており、育児真っ只中です・・。

この記事では、「療育を受けるほどではないけど、子供の発達が心配」「診断は出てないけど、子供がADHDっぽい」「療育受けたいけど事情があって受けられない」

といった方に向けた記事になります。

私が今まで実際に読んだ本から厳選しましたので、全く知識がない方が選ぶより、簡単・確実に良質な本を見つけることができます。

また本を読む順番、本の知識の活用方法も解説しています。

本を読むだけなく、その知識をどう活用するのか?

ここが最も大切になります。

合わせて参考にしていただければ幸いです。

ADHDの子供に適切に関わるためには、知識と具体的な関わり方が必要です。

これから紹介する本で理解を深めましょう!

今回は「ADHDの子供の親にオススメな本5冊と活用方法」について見ていきましょう。

ADHDの子どもの親に本がオススメな3つの理由

理由①:低予算で学べる

療育は毎月の費用がかかります。障害の程度によって療育は様々ですが、民間の療育ですと、月間で3~7万、自宅への訪問型は、10万前後かかります。

区の療育は混み合っていて、数ヶ月~数年待たれるケースも多いです。仮に利用ができたとしても、月に数回など、成果が期待できる通い方がしづらい状態です。

親が学び、家庭内で解消できる場合は、本5冊購入されても、1万円前後で、療育の1割以下の費用を抑えられます。

ちなみに家庭内の解消という目安は、生活に支障が出るほどの困りが、3ヶ月以上出ない状態になります。「周りの子との違いはあるけど、生活で凄く困るわけじゃない」という状態であればOKです。

理由②:自分のペースで学べる

仕事や育児で親は大変です。私も2児の親なので時間に追われる親の気持ちはよくわかります。まとまった時間がないと多くは学びづらいです。そんなときに本が便利です。

家事の合間やちょっとした空き時間を活用できれば、1週間で1冊は読めると思います。本記事で紹介する本は、そんな空き時間でサクッと読めるものを選んでいます。

理由③:包括的に学べる

本はテーマに関連した一定の1つの知識をまとめて学ぶことができます。例えば、ADHDの特性、親の関わり方、親の体験談など、テーマに関連した知識・情報を漏れなく学べることができます。

ADHDの子供の親におすすめの本【5冊】

それぞれの本の特徴を解説していきます。可能でしたら、紹介する順番に読んでみてください。読書の順番も考え、厳選しました。

その①:ADHDの本

  • ADHDの概要が理解できる
  • ADHDの子どもへの基本的な関わり方が学べる
  • 典型例が多いため、最初の1冊としておすすめ

その②:魔法の言葉かけ

  • 発達障害の子ども全般に使える基礎知識が学べる
  • ABA(応用行動分析)を元にしているため、根拠が明確で、実践的
  • 日常生活の中での、工夫が多いため、誰でもすぐ実践できる

その③:ADHDの子の育て方のコツがわかる本

  • 育児に活かすノウハウが多い
  • ①②の知識を、この本を通して育児に取り入れられると、更に効果的
  • 親の視点で執筆されている

その④:ADHDのペアレントトレーニング

  • ADHDの子どもの育児への向き合い方が学べる
  • 親自身のスキルアップができる

その⑤:ADHDの子どもたちをサポートする本

  • ADHDの子どもの家庭・学校での配慮方法が具体的に学べる
  • 先生にサポートを依頼するときに、そのまま活用できる
  • 図も多いため、理解しやすい

注意点:専門書は買わなくて良い

理由は、実践がむずかしいためです。実践ができなければ、本を読む意味はありません。ここでいう、専門書とは学問書に近いイメージです。

独立して療育をする、資格をとるなどの理由がない限り、まずは上記で紹介した本を読み、実践するだけで、十分です。

このブログの、ほとんどの読者さんは「専門知識を増やす<子供に合った関わりができる」が、本を読む目的になると思います。目的にあった本を選びましょう。

本のオススメな8つの活用方法

本を読むだけでは、子供の困りは解消されないですよね。その知識をどう、活かすか?が重要になります。今日から実践できるよう、具体的に2つ解説していきます。

  • 1:1日1回、本の知識を子供への関わりで実践する
  • 2:本にあるサポートを、先生に依頼する

1:1日1回、本の知識を子供への関わりで、実践する

1-1:具体的な行動で決める

親の、子供への関わりは、具体的行動できめましょう。理由は、実践できたのか?効果があったのか?を確認するためです。「誰が、いつ、どこで、何をする」を決めましょう。

例えば、母親が子供を褒める場合

  • 寝る前に、オモチャの片付けができたら、「全部オモチャを箱に片付けられたね」と褒める:○
  • 上手に片付けられた時に褒める:✕

表現が抽象的ですと、「何となくできたかな」と、親の自己満足になりやすいです。1日1回でも良いので、確実に行動を起こすことが大切です。

「他の家族が、実践できたかorできなかったか、を判断できるか?」を自問自答しながら、考えると、イメージしやすいです。

1-2:継続できるものにする

具体的な行動で決められても、継続できなければ、意味がありません。必ず、継続できるイメージの湧くものにしましょう。少なくとも、同じ関わりを1~2ヶ月続けましょう。

1-3:日常生活の中で、できることにする

育児・お仕事でお忙しい方も多いと思います。最初は、張り切って頑張れますが、だんだん失速するものです。そこで対策として、日常生活の中で、できることにすることが、オススメです。

例えば、子供が、宿題を見せにきたときの声掛けを「はい。終わったね→全部自分で解けたんだね!凄いね!」に変える、などです。

普段の忙しい生活に、プラスαの関わりは負担になるものです。成果を出す秘訣は、普段の関わりに一工夫入れることです。

1-4:振り返る

工夫した関わりが、効果があったのか?振り返りをしましょう。理想は1日1回ですが、忙しい生活の中、むずかしいかもしれません。そんなときは、1ヶ月に1回、振り返りをするか、他の家族に、子供の変化を確認すると良いです。関わりの工夫の効果を確認し、必要に応じて、改善していきましょう。

2:本にあるサポートを、先生に依頼する

2-1:先生のスタンスを把握する

お願いをする前に、必ず先生のスタンスを確認しましょう。お願いしたいことがあっても、先生が協力してくれなければ、意味がありません。先生が協力してくれるか?もしくはしてくれないか?ここの確認が必須になります。

私の経験上、傾向として、経験の浅い若い先生は、協力的な方が多めで、ベテランの先生は、柔軟な対応がむずかしい印象です。

これは先生によりますので、必ず先生と直接お話をしながら、見極めましょう。おすすめの情報収集は、先輩ママ友に聞くことです。

2-2:先生がどう感じているか、把握する

先生自身が必要性を感じないと、協力してもらえません。先生が必要性を感じていない場合は、協力をお願いする前に、子供が何で困っているのか、具体的に伝えていく必要があります。

2-3:先生のメリットを示して、お願いする

親が一方的にお願いしても、むずかしいケースがあります。先生も多忙です。余裕がなかったり、必要性を感じていないケースもあるため、お願いする場合は、必ず先生のメリットになる、伝え方をしましょう。

例えば「移動教室の前に、個別で1回声掛けをして、見通しを立てて頂けると、癇癪にならず、先生が対応することが減ると思います」など、先生が協力することで、先生自身の負担が軽くなることを、具体的に伝えましょう。

2-4:具体的な行動でお願いする

さきほどの親の関わりと同じです。先生にお願いする場合も、「誰が、いつ、どこで、何をする」のか具体的に伝えましょう。これは先生が、実践しやすくするためです。

熱心でスキルもある先生であれば、具体的な表現でなくてもできます。ただ、そうでない場合は、流されてしまうことも多いです。必ず、実践できているか、効果があるのか、を確認できる状態を作っておきましょう。

【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】のまとめ

記事のポイントをまとめます。

  • ADHDの子供の親におすすめな本:5冊

  • ①~⑤の順番で読むと効果的

  • 学問に近い専門書は読まなくて良い

  • 1日1回、本の知識を子供への関わりで実践する

  • 本にあるサポートを、先生に依頼する 

以上になります。

本は、子供への関わりを実践するための情報収集に過ぎません。その目的まで踏まえて、本を読むことをおすすめします。

本を読む時間がないという方は、私の記事でも、必要な部分だけ、まとめています。

こちらをご覧ください。

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの症状と7つの対応法

-ADHD

執筆者:


  1. […] 【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの本【厳選5冊】 […]

  2. […] 【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの本【厳選5冊】 […]

  3. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  4. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  5. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  6. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  7. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  8. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  9. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  10. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  11. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  12. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  13. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  14. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  15. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  16. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  17. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  18. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  19. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  20. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  21. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  22. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

  23. […] 【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大人しいADHDの子供とは【不注意型の特徴~3つの接し方を説明します】

子供の発達が心配な方「大人しいADHDの子供っているの?どんな特徴?接し方やサポート方法があれば知りたい」 このような疑問/ご要望にお答えします。 ✓本記事の内容 大人しいADHDの子供の特徴※チェッ …

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

子どもにオススメな絵本/ADHDが学べる絵本を知りたい方「子供が絵本に興味もたない。どう読み聞かせしたら興味もってくれる?オススメな絵本があれば知りたい。あとADHDが知れる本も教えてほしい」 このよ …

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の癇癪を減らす3つの方法

ADHDの子供の癇癪の対応方法を知りたい方「些細なことで暴れてて困ってる、原因がわからない、止める方法がわからない。子供の要求に応えてるから、今は何とかなってるけど、このままでいいの?」 こういった疑 …

【プロが解説】言うことを聞かないADHDの子供の2つの対応法【もう習い事の迷惑になりません!】

言うことを聞かないADHDの子供の対応方法を知りたい方へ「子供が言うことを聞かなくて困ってる。他の子はできるのに、なんでうちの子は言うこと聞けないの?子供にどう関われば言うこと聞いてくれる?」 こうい …

夜尿症とは【ADHDの子供との関係は?原因、対処法、治療法を紹介します】

子供のおねしょが心配な方「子供の年齢が上がってもおねしょがある。もしかして病気なの?夜尿症について詳しく知りたい。」 こういった疑問、お困りにお答えします。 ✓本記事の内容 夜尿症とは夜尿症の原因とタ …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?